ゆうな

これはとっても貴重!いつかブログでご紹介しましょうね、と大事にしまわれていた1枚の訪問着。
社長が・・・社長がついに表に大々的に掛けてしまいました!
泣けます。本気だったのですね、秘蔵の品まで大放出って。大放出すぎます!

なぜなら。
それはこんなお品だからです。
まずは色紙をご覧ください。
IMG_9169-471

そうなのです。
紅型三宗家の一家である「城間家」の第十五代・城間栄順さん作の紅型染。
しかも秋篠宮紀子妃殿下へ献上された作品の、お色違いです。
紀子妃殿下は同じ柄のスカイブルーの着物をお持ちなのです。
それが、こちら。
IMG_9164-294
当店の「ゆうな花文様」です。
写真より、もうちょっと色はこっくりとしています。梔子色、が一番近い表現でしょうか。

ちょっと寄ってみましょう。
IMG_9166-895
咲き乱れるゆうな。
流れる南国の水辺。
カニさんがいて、宝貝がいて、巻貝もいて。
なんと優雅で豊かな訪問着なのでしょうか。
いつも城間栄順さんの紅型は伝わってくるパワーが違う、ともすると着る人が負けるくらいだと感じますが、
個人的には、同じパワーでもこの着物から受け取るのは力強さよりも温かさがまさっている気がします。
これを着こなすことのできるひとになりたい。力強さも、そう思わせてくれる種類のもの。
なんだか太陽みたいですね。

お値段は・・・恐ろしくて社長に聞けません。
どうぞ皆様、店頭でこのエネルギーを感じてみてください。
そして、我こそはというお客様、一目惚れされたお客様、これを着こなすことを目標に自分を育てると決意されたお客様。
ぜひ毅然と社長にお声かけください。
おしゃれ通信で「交渉する最大のチャンス」と書いていたのは、きっとこの逸品のためだと私は思っています。

地色が梔子色ですと水の流れがとても際立ちますが、
妃殿下がお持ちのさわやかな青ですときっとゆうなの花がとても鮮やかなのでしょうね。
一度着姿を拝見してみたいなぁと思います。
(お写真は今年の「美しいキモノ」春号別冊に掲載されているようです)

お松

この商品に関するお問い合わせは
電 話 03-6427-2720
メール info@erihana.co.jp
青山 ゑり華までお願い致します。