織楽浅野さんの帯 新入荷

こんにちは。
今日9月20日で新しい期に入って1月が経ちました。
なんて早いんでしょう。
このところ涼しい日が続いたお陰で、ご来店くださるお客様が増えて嬉しい状況です。
今日ご紹介するのは織楽浅野さんの帯。
1009201.JPG
太鼓の柄
1009202.JPG
太鼓の柄全景
1009203.JPG
前柄
1009204.JPG
太鼓柄アップ
織楽浅野は「織を楽しむこころ」を原点に物創りをする京都西陣の織屋さん。
現代の生活や街並みに映える帯を作り続けています。
資料室には世界中の美術書や織物、紙、筆、ポスターなどが整然と集めらています。
それらを吸収し創りだされる独創的な帯は、色数を抑え柄行きもシンプルに出来ています。
それでいて奥行きと質感があり、多くの人に支持されています。
こちらは、織楽浅野さんの中でも特に風合いに重きをおいて製作された帯。
やわらかく、しっとりとした仕上がり。
一度締めていただければ、その締め心地の良さにうっとりすること間違いありません。。
「デジタル花紋」と題された作品。
クリームよりも淡い鳥の子色地にデジタル調の花紋を大胆に配置。
銀の濃淡で全体を構成し、あしらいに金。
さらにアクセントに挿された藤紫が効かせ色。
これがこの帯にしゃれっ気をプラスし、金銀中心のこの帯を、お洒落のシーンにも締められるようにしています。
素 材: 正絹
色 柄: 鳥の子色・太鼓 柄
価 格: 110,000円 (税込み115,500円)お買い上げありがとうございました。