きくちいまオリジナル 古代加賀染浴衣

来月から店頭は夏物の新作を展示いたします。
今年は凄いですよ!
これからどんどんお知らせして参ります。

まずは金沢で染めている浴衣のご紹介。
きくちいまさんに柄選びと色決めをお願いして3年目。
染めは、金沢の板場で伊勢型紙を使って日本工芸会正会員の坂口幸市さんが一反ずつ染めています。
型紙は明治・大正・昭和初期の100年前の型紙を使用。
なかにはもう破れてしまって使えないものも出てきました。
人気のある柄ほどよく使うので破れてしまいます。
そんな場合は使わず取っておいた型紙を使って、彫り直します。
その際に現代人の体格に合わせて巾を広く掘ります。

北陸新幹線のCMで杏さんのために染めた型紙がまさにそれ。
杏さんはご身長も高く裄も長いので、巾のある型紙で染める必要がありそういった型紙の中から選ばれました。

今年発表するきくちいまさんと坂口さんのコラボ浴衣にはその型紙も使いました。

IMG_7502

上の写真だと少し濃くなり過ぎました。
下のアップだと少し薄すぎるようです。

IMG_7504

きくちいまオリジナル加賀古代型染浴衣は全部で12柄。
まもなく発表です。

きくちいまオリジナル加賀古代型染浴衣 新作発表
青山 ゑり華にて
4月10日(金)~13日(月)
11日(土)・12日(日)の2日間はきくちいまさんがご来店になります!

着物って良いね!
店主 花岡 隆三