中谷比佐子先生のきもの寺子屋  着物解体新書

中谷比佐子先生のきもの寺子屋
着物解体新書

芸者さんの着付けに学ぶ半衿つけ

大好評をいただいている中谷先生の「きもの寺子屋」
着物業界の生き字引とも言える中谷先生に、直接教えていただける機会です。
二十四節気などの暦と併せて、実践的な着物の選び方や小物のあわせ方など。
また、前回の胸当て講座に続いて、今回はきれいな衿元をつくる半衿のつけ方です。
中谷比佐子先生のきもの寺子屋時間割
一時間目: 暦の話 夏至から小暑まで一番昼の長いこの時期。
夏ならではの、着物や小物の楽しみ、過ごし方を教えていただきます。
二時間目: 体操と音楽の時間(約15分)
中谷先生推薦のちょこっと体操、季節にあった歌で気分転換を
三時間目: 半衿付けの時間
芸者さんは長時間着ていても着くずれません。踊りやお酌をしても着くずれません。胸元もスッキリしています。
それには、半衿の付け方に秘密があります。
関東の襦袢はバチ衿が基本です。ところが関西は広衿が基本。
・広衿にすると胸を包み込むので胸元がスッキリします。
・衿芯が長いので、着用後も簡単に衿を整えることができます。
・衿カラーを使わないので肩が凝りません。
胸当てとこの半衿付けをすれば、今までの暑い補正なしですっきりとした胸元ができます。


日: 6月21日 日曜日
時間: 14時から
場所: 青山ゑり華 13時45分までにご来店ください
会費: 3,600円(衿芯代含む 税込み)
*当日は着物もしくは、着物姿になれるように一式おもちください。
持ち物:半衿・半衿をつける襦袢・お裁縫箱・ゆびぬき

中谷比佐子先生

楽しく学べるこの機会、是非お気軽にご参加ください。
※あと1,2名様で満員となります。お申し込みはお早めに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする