織楽浅野の夏帯のご紹介 早雲寺

夏のお着物に・単衣にもどうぞ 【織楽浅野】 西陣 夏九寸名古屋帯 「早雲寺」 
IMGP0746

織楽浅野は「織を楽しむこころ」を原点に物創りをする京都西陣の織屋さん。
現代の生活や街並みに映える品を作り続けています。
その資料室には世界中の美術書や織物、紙、筆、ポスターなどが整然と集められ、それらから吸収し創りだされる独創的な帯は、色数を抑え柄行きもシンプルに、それでいて奥行きと質感がある独特の意匠性と素材感で、時を越えて支持されるスタイルを提案しています。

こちらは、単衣から盛夏までお使いただける夏帯です。
シンプルに色をあまり使わず、締めやすい仕上がり。
透け感も控えめなので、単衣の季節からお使いいただきやすい帯です。

「早雲寺」と題された作品。
原典の早雲寺金襴は神奈川県にある早雲寺蔵の重要文化財の織物貼文台硯箱に貼り付けられた中国明時代の花唐草文の銀欄緞子です。
色々な種類の花が唐草として織り上げられており、楽しいものです。
ここ数年、絹糸の光沢による織表現で、光沢感によってより上質感を織り上げようと考えております。
地色は経糸にかくれベールをかぶったような独特の表情をしており、その上に光沢感を増すために甘撚りの糸を用い、組織に工夫をして織り上げております。(織楽浅野HPより原文のまま)
元は秋冬物の製品でした。こちらはそれを夏物に仕上げてあります。

小紋や紬はもちろん、色無地や付下げまで締めて頂けて、幅広い用途に活躍しそうです。

IMGP0753

IMGP0768

素 材: 絹80%  ポリエステル20%
色 柄: 早雲寺 白・淡クリーム横段・六通
価 格:  99,750円(税込み)
     お仕立て上がり参考価格 118,650円(税込み)
     現状は未仕立て
     価格は帯芯・手縫い仕立て(名古屋仕立て)を含みます。

 

この商品に対するお問い合わせは
電 話 03-6427-2720
メール info@erihana.co.jp
青山 ゑり華までお願い致します。