城間栄順さんの夏帯 麻地琉球紅型染帯お太鼓柄「芭蕉」をご紹介致します

(夏もの)城間栄順 琉球紅型 麻地九寸帯太鼓柄「芭蕉」 
 城間栄順作夏麻地琉球紅型染帯お太鼓柄「芭蕉」の写真
青山ゑり華特別価格: 218,000円(税込228,900円)
 
紅型三宗家の一家である「城間家」の第十五代・城間栄順さん作の紅型染の名古屋帯です。
城間栄順(しろま・えいじゅん)氏は、戦後紅型を復興させた父、城間栄喜(えいき)氏に師事。
伝統を尊重しながらも、地元沖縄の海など自然をモチーフにて、創造性豊かな作品を生み出しています。

今日ご紹介する帯は、ハリのあるシャリ感が心地良い麻地の九寸帯です。
生成りの麻地に芭蕉の木が丸くデザインされてお太鼓柄に染められています。
生成り地お太鼓柄の名古屋帯は、白場が多いので柄が多い物にお締め頂くとすっきりといたします。
地が麻なので盛夏のお着物に合わせるのが基本です。
夏大島や夏結城、小千谷縮や越後上布などのしゃり感のある着物の柄物に合わせるのも素敵ですね。

城間栄順作夏麻地琉球紅型染帯お太鼓柄「芭蕉」アップ

素 材: 麻100%
色 柄: 生成り・太鼓柄
価 格: 218,000円(税込228,900円)
      お仕立て上がり参考価格 236,000円(税込247,800円)日
     現状は未仕立て
     価格は帯芯・手縫い仕立て(名古屋仕立て)を含みます。