お待ちかね、着物クリニックキャンペーン いよいよ始まります 7月21日木曜日から

着物クリニック

7月21日(木)~25日(月)の5日間

いよいよ皆様お待ちかね、着物クリニックキャンペーンが始まります。そこで丸洗いの事について少々お話し致します。
 ゑり華の丸洗いは通常小紋・紬で8,400円です。この金額は、自社工場の稼働をうたい文句にする格安店から見れば、かなり高い金額です。
 でも、ちょっと待ってください。丸洗いにも色々あるのです。

高いのは高い理由があります。
 丸洗いとはドライクリーニングのことです。通常は揮発性の溶剤を使い、ランドリーのような機械に入れてガラガラ回して洗います。その溶剤は機械の中で、着物の汚れをどんどん取っていきます。取った汚れはどこに行くかと言いますと・・・、どこにも行きません。着物を洗うごとにどんどん溶剤は汚れていきます。ドロドロに汚れた溶剤の中に着物を入れたらどうなるか。当然その汚れは着物に戻ります。

汚れた水で洗濯してきれいになります?
 ご家庭の洗濯機でしたら水が汚れたら捨てますよね。しかし揮発性の溶剤は下水に捨てられません。とことんまで使って処理業者に引き取ってもらいます。
 貴方にも経験ございませんか、クリーニングに出して、汚れは落ちているのに、全体がくすんでいるような気がしたことが。
 不思議に思って私は、クリーニングから上がってきたばかりのスラックスを洗濯機で洗ってみました。なんと洗濯機の水が真っ黒になったんです。汚れた溶剤は、汚れを全体にまぶして、目立たなくしているだけだったのです。

ゑり華の丸洗いはここが違います。
 下の写真をご覧ください。あなたの大切なお着物を、必ず手で洗います。しかも洗う溶剤は循環濾過装置により常に透明でサラサラ。機械は溶剤を振り落とすための為だけに数回転まわすだけですから、ドロドロになった溶剤から汚れが着物に戻ることはありません。

丸洗いの現場

ゑり華の丸洗いは、洗い上がりが違います。驚くほどさっぱりします。新品の仕立て上がって来た時のあの明るさを取り戻してみませんか。

着物クリニック案内1