忙しい時に便利な「着付け上手」

こんにちは、加工係りの今井です。

京ご紹介するのは、着物にちょっと工夫していつでも上手に着ているように見える、その名も「着付け上手」
「着付け上手」仕様にしておけば、緊急!!の際にとても助かります。
例えばこの着物は黒紋付き。
お客様から
「簡単に着られる方法を教えてください。でも二部式は嫌なの」
と、相談をうけました。
こちらのお客様はとても良い紋付きは別にお持ちです。
それはそれとしていざというときのために、パッと着られる物を用意しておきたいとのこと。
なるほど、お葬式のときはバタバタしていて時間がない!そんな時にサッと自分で着られて便利そうです。

DSC_0622

工夫した箇所は、
①子供の着物のようにおはしょりを作ってある。
②腰ひもを結ぶ位置に紐がついている。
ということは、羽織ってついている紐を結んで出来上がり!
アチコチ整えたり加減を考えたりしなくてすみますね。
時間短縮そしてキレイ!一石二鳥ですね。
帯も「付け帯」にしておけば完璧ですね(^-^)v

喪服だけじゃなくて、よく着る紬や着にくいなと思っている着物を「着付け上手」仕様にまず一枚試してみませんか?
あなたの身長に合わせて、おはしょり作り、ひも付けなどをいたします。
加工料金は14700円(税込み)です。

今井ひろみ