新垣幸子作 八重山上布九寸帯 きれいです!

八重山上布の第一人者、新垣幸子(あらかきさちこ)さんの作品です。

IMGP0672
新垣幸子さんは、幻の織物といわれていた「括り染」による八重山上布を復活させた人です。
当時は括りの八重山上布が行われておらず、捺染の物ばかりでした。
なんとか括りを作りたいと熱く想い、その復興を成し遂げられました。

今回ご紹介いたしますのは、沖縄を代表する福木を地に使った鮮やかな色彩の帯です。

IMGP0691
他にも揚梅(ヤマモモ)・藍・茜と透明感のある自然の染料がふんだんにつかわれて、新垣さんには珍しいくらいの明るい色合いに仕上がっています。

IMGP0681

IMGP0697
 

素 材: 苧麻
染 料: 福木・揚梅・藍・茜
価 格: 294,000円(税込み)
     お仕立上り参考価格312,900円(税込み)
     現状は未仕立て
     価格は帯芯・手縫い仕立代を含みます。
     こちらの品は完売致しました、ありがとうございます。