羽織の裄直し

こんにちは、加工係りのです。
ゴールデンウィーク皆様いかがお過ごしですか?
今回は今のままでは着られない、裄の短い羽織のお直しのご紹介です。

DSCF7040

モダンな羽織はお母様から譲られたもの。
裄が短くて着物が袖口から出てしまうとのご相談でした。
解決策は「裄に足し布をして伸ばす」写真のように、足し布は着物の八掛地の見本張から、合う色を選んでいただきました。
お直し工程は、袖をはずして不足分の寸法を足して継ぐでけですので、直し代金は15750円です。
プラス、八掛の料金は10500円ですが、何かの余り生地でもできます(^^)/
「裄が足らなくて布を継いだのよ」と親しい方には教えると「そういうデザインのように見えて素敵ね」と言っていただけるそうです。
身丈も伸ばしたい場合は、洗い張りをして裏地を替えて仕立て直しをしますと多少長くなります。
お見積りは無量ですのでお気軽にどうぞ(^^)/

今井ひろみ