被災地の女性 手仕事展 開催中

仮設住宅の女性に生きがいを!
被災地の女性 手仕事展

と き:5月2日(木)〜13日(月)

ところ:青山ゑり華

じかん:10:30〜19:00


被災地の女性にコミニュケーションサークルを

2011年3月11日 この日を境に被災された方々の運命は変わりました。
我々着物屋に出来る事は何だろう、我々商人に出来る事は何だろうと絶えず問いかけております。
2011年6月より浴衣支援開始。
皆さまからもう着なくなった浴衣を被災地の方々にお届けしました。
さらに8月16日陸前高田において盆踊りを開催。
鎮魂の願いをこめた盆踊りをスタッフ全員でお手伝いし、一緒に踊ってまいりました。
さらにその年から着物支援も開始。
被災地の方の成人式や入学式・卒業式に必要な着物を支援致しました。
翌2012年1周忌に合わせて行われる慰霊祭に合わせて、喪服などの支援を微力ながらさせて頂きました。
2012年10月には陸前高田市社会福祉協議会主催で2年ぶりに行われた「金婚祝賀会」に着物支援を行いました。
そして今、様々な物を提供するだけでは本当の意味での支援にはならなくなってきました。
今被災地に求められているのは、人々が交流し生き生きとした社会活動が出来る「場」であり「コミニュケーションサークル」です。
手仕事を通して一人一人が社会に必要であると認められ、自己肯定が得られる環境こそが求められていると感じます。

そこで皆で集まって出来る手仕事とちょっとした収入を

皆さまから支援頂いた着物。その中からもう着られないような着物やウールの着物や帯を使って色々な物を制作してもらい、我々が買い取って販売する、我々着物屋で商人だからこそ出来るお手伝いです。
現在宮城県気仙沼、岩手県陸前高田、大船渡の3市で約30人の方々にご参加頂いております。

手仕事展P01

手仕事展P02


幸せな星を願って 幸星(コースター)

全国各地の参加店が「タンスに寝ているウールきもの」など集め、「きもの支援センター」に送り、それらを被災地の女性たちに渡し、和小物など作っていただき、完成した作品をまた各地の着物屋さんが買い取り販売します。諸経費を除き、現金売上をその女性の方々へ御渡しております。わずかな金額ですが被災地の女性の方々から大変喜ばれております。
一点一点が被災地の女性の手作りです。 3枚1組で 1,000円(税込み)

手仕事展P03

 

復興を願って「復香ピエロ」脱臭効果あり!

天然の国産楠チップ(樟脳の原料木です)が入った森林浴効果のある優しい香りがします。
シューキーパーとしてもお部屋に飾っても、防虫・消臭・芳香効果がありますのでいいですね。
お値段は1対で1,000円。是非プレゼントやお返しなどに使って頂き、被災地の女性の手仕事応援を広めて下さい。
一点一点が被災地の女性の手作りです。 1対 1,000円(税込み)

手仕事展P04

 

ご不要になった着物や帯、捨てないで下さい!!
皆さまからのご提供お待ちしております!