着物1枚、帯3本。

着物1枚帯3本。昔からよく聞く言葉です。
帯によって印象がとっても変わるから、帯は大事、たくさんあるといい。

では果たしてどれだけ印象が変わるものなんだろう?
というのを、しかも「同じ系統の帯」で、やってみました。
単なる好奇心です。

着物に選んだのは、本手紡真綿糸100%の草木染(あかね)の紬です。
それに博多献上の紗八寸帯(絹100%)3種類を合わせてみました。
単なる趣味です。

それではまず水色からどうぞ~
IMG_7793-1
ばらばらに見たときは、あかね染めに水色?うーん、どうかな?と思ったものの、同色系のラインの色で素敵に合いました。
しっとり落ち着いた感じになりますね。
夏に暖色ってどうかしらと思われる方、帯でなんとでもなります。むしろ対比で、より涼やかです!

お次は淡い黄色。
IMG_7795-1
おおっ。一気にかわいらしくなりましたね~。若々しく、お嬢さんコーデです。
でもこれも帯の地色が薄いので、ちっとも暑く見えない。
こんなかわいらしくしちゃったら、もうお出かけ先はどこにしよう~中途半端なところじゃヤだわ!ってときめく妄想がとまりません。

最後は白。テッパンですよねー
IMG_7797-1
うんうん、やっぱり、粋でいなせな、涼やかさとともに勢いのある印象になりました。
一番大人っぽいのはやはりこれかな。
若いうちはピンクってすすめられて、でも背伸びもしたい!とか
いやーそろそろピンクって照れくさくなってきたんだけど…とか
ピンクが顔映り良くなってきたんだけど、かわいくはしたくないわ…とか
各種ご要望に見事にお応えできる!
これはもう幅広い年代の方にお召しいただけますね。

これらの商品、只今夏のバーゲンで、
あかね染めの真綿紬  176,400円→141,120円
博多紗八寸帯 水色     39,900円→31,920円
         淡い黄色   39,900円→31,920円←SOLD OUT
                    白           165,900円→88,200円
となっております。
もちろん、他の帯や着物と合わせて皆様のお好みのコーディネートを探して楽しんでいただくのも大歓迎!

それから、夏物はもう今から仕立てても着られる時期が短いから…というお客様には、ぜひこの機会に木綿を。
真夏以外のスリーシーズン着られる普段着物の代表的存在、木綿。
八重の桜効果で、シンプルな縞の会津木綿が注目されていますが、片貝木綿もきれいな色合いの格子が多くてオススメです。
IMG_7897-1
こちらは21,000円が16,800円に。
秋冬に向けて、先取りでお仕立、いかがですか?
私も一着誂えたので、早く涼しくならないかな~と既に首をながーーくして待っています!

キリンになる前に秋が来ますように。お松でした。