ぼたん唐草

こんなに伸びやかな「ぼたん唐草」の帯が入ってまいりましたので早速のご紹介です!
IMG_8530-1
すっきり清々しくて早朝の空気のよう。
胸を開いて深呼吸して、姿勢を正したくなります。
塩瀬の九寸名古屋帯、161,700円です。

関東巻きですとぼたんがひとつ。
IMG_8532右
関西巻きですとぼたんがふたつ。
IMG_8532左

ぼたんというと初夏のイメージがありますが、「ぼたん唐草」と文様化してしまえば季節は問いません。
濃い地の紬、泥大島などと合わせるとうんと映えそう。
大柄なので、パターン柄や小柄の絣や小紋でも似合いますね。
ポイントになっているぼたんの中心の赤から、赤い帯〆もオススメしたいです。
ミニ知識!この「白と赤」、平安時代の重ねの色目では表が白、裏が紅梅のものは「牡丹」と呼ばれていました。
お出かけにも勿論のこと、お正月におうちで過ごす時に締めても良い一年の初まりとなりそうな帯。

牡丹が咲く頃だから「ぼたもち」派の甘党の人も、牡丹と言えば「司牡丹」でしょ~な左党の人も、
この帯でお客様と周りの方に清爽な風を!

といいつつ、牡丹と言えば牡丹鍋…なジビエ派のお松でした。

この商品に対するお問い合わせは
電 話 03-6427-2720
メール info@erihana.co.jp
青山 ゑり華までお願い致します。