いつもと全然違うゑり華です!

昨日より始まっております、ラオスの織物と東北の原始布展。
なんだかまったく雰囲気の違ったお店のようになっています!

いつものように会場から、お松が「好き☆」とついつい寄っていってしまった子たちをご紹介しますね。
まずはこちら、カラフルなショールのコーナー!
IMG_8792-1
「あら、お店間違えたかしら?」
いえいえ、ゑり華ですよー。
ラオスのシルクのショールが鮮やかに並んでいます。この一角はすべて3.990円。
もうちょっと凝ったショールもございます。

お次はラオスのシルクで作られた九寸名古屋帯。
IMG_8793-1
さすがだな~って唸るくらいの個性派さんです。こちらは210,000円。
他にも個性派ぞろいですよラオス勢!
オーガンジーに色芯を…いやいや、これは来て見ていただかないと伝わらないっ。

さて、東北方面に足を向けまして(?)大好きなこぎん刺しの帯を発見!
IMG_8796-1
ピンクの紬に、淡いピンクと赤、そしてベージュ、薄い緑で刺繍がしてあります。
「南部菱刺」と呼ばれる八寸名古屋帯、462,000円なり。
手がかかっているだけあって、いいお値段ですね。
でもこぎん刺しは本当に素敵。他のものもぜーんぶご紹介しちゃいたいくらいです。

布ではないけれど葡萄蔓、くるみ皮などで編まれた籠もずらっと。
IMG_8798-1
こちらも貴重な工芸品。ゑり華スタッフも葡萄蔓、愛用しているんですよ。
買ったばかりの新品の時が一番きれいな物と違って、使えば使うほど艶が出てきて愛着がわき、
大事に使って自分が「育てた」感じがしてかわいくなっていくのです。
71,915円から、というお値段ですが、長くお客様と共に生活していく頼もしき相棒になります。

他にもラオスのものも、東北のものも、「へぇぇ」「うわー」と感嘆の声を上げてしまう品々が勢ぞろいしています。
どちらも7日までの展示。
これはちょっと、本当に見逃せません!お時間を作ってぜひご来店ください!

お松