手持ち在庫を思い切って値下げ 恒例秋の大バーゲン

更新日:2005年11月02日(水)

この秋青山ゑり華は、金沢ゑり華から分社してから5周年を迎えました。
呉服業界が厳しい環境にありながらも何とか商いを続けさせていただいているのも、ひとえに皆様のお陰と感謝申し上げる次第です。

そこで、この秋の大バーゲンはゑり華の選りすぐりの商品を思い切って値引きします!
普段値引き販売を一切しないゑり華の厳選価格からさらに割引の大特価!!

とき:11月17日(木)~21日(月)

第10回青山きもの倶楽部ご案内

更新日:2005年11月01日(火)

お出掛け日:平成17年12月17日(土)・18日(日)
行く先:京都 京都四条南座「吉例顔見世興行」 夜の部の観劇
京都の手機屋さん見学
宿泊先京都全日空ホテル
集合場所・時間:東京駅 午前10時半集合
会費:実費 新幹線・南座観劇・お弁当・ホテルなどで約8万円程度の見込み
予定:南座の顔見世は京の年中行事、今年は中村鴈治郎改め坂田藤十郎襲名披露公演のスタートを飾る公演ともなり、大変注目されるています。
また、夜の部には襲名披露の口上も行われます。
(写真は昨年の様子です)

※きものの販売会では一切ありません。
※着物好きの方が集まるイベントです。
※出来るだけお着物でご参加ください。

申し込みは12月12日(月)までに、電話(03-3405-6001 担当:花岡)にて

第9回青山きもの倶楽部ご案内

更新日:2005年11月01日(火)

お出掛け日:平成17年11月26日(土)
雨天中止
行く先:東京都庭園美術館 企画展「マイセン展」
JR目黒駅より徒歩7分くらい
集合場所・時間:ゑり華 店内 午後1時集合
会費:入館料+お茶代
予定:朝香宮邸として建設され、内部装飾にアンリ・ラパンやルネ・ラリックなどアール・デコ様式の美しい優雅な気分に浸らせてくれる美術館です。
また庭園の少し遅い紅葉を楽しみながら、着物でそぞろ歩きしましょう。
(散策の後、カフェで一休み)

※きものの販売会では一切ありません。
※着物好きの方が、きものが着て集まるイベントです。

申し込みは11月22日(火)までに、電話(03-3405-6001 担当:半澤)にて

藍染中形展 10月20日(木)〜30日(日)

更新日:2005年10月20日(木)

本日より青山染織ギャラリー(ゑり華内)において、藍染中形展を開催いたします。
中形の夜具(蒲団)地は、木綿または麻の布地に型紙で糊置きをし、藍染めしたものです。
中形または中型と表記されますが、これは江戸時代より文様の大小によって大形・中形・小紋に分けられていたことによるものです。
中形の呼称は、木綿の藍染による浴衣や蒲団地などに用いられていましたが、蒲団地に使われたのは明治時代が最盛期でそれ以降はしだいになくなってしまったため、現在では浴衣を指す場合が多いようです。
“中形夜具の文様は唐草文様”と言えるほどさまざまに変化した日本独自の唐草文様を見る事ができます。菊・牡丹・桜・鉄線・桐・その他の植物や、鶴・亀・鳳凰・龍・獅子などの動物などにより、唐草文様が構成しています。中でも菊唐草の種類は多く、具象的なものから抽象的なものまで多様な日本の菊唐草が表現されています。
型染めは大量生産を目的として発達しました。中形の中でも浴衣は両面に糊置して丁寧に染められていますが、蒲団地用のものは大部分が片面のみ糊置して染められ、藍染の上に墨やべんがら・ねずみ等の色をさしたり、型で模様を加え、無雑作で素朴な中にもそのデザインのとらえ方には豊かな庶民の感性が涌き出ています。
kiku011.jpg
tsuru001.jpg

第8回青山きもの倶楽部ご案内

更新日:2005年10月15日(土)

お出掛け日:平成17年10月29日(土)
小雨程度なら決行
行く先:永青文庫 特別展「永青文庫の近代日本画ー細川家に集った巨匠たちー」
有楽町線 江戸橋駅 もしくはJR目白駅よりバス「椿山荘前」下車
集合場所・時間:ゑり華 店内 午後1時集合
会費:実費:700円(入館料)+お茶代(椿山荘にて)
予定:永青文庫で美しい物を見学後解散。
(1時間半程度を予定)
近くが椿山荘なので、よろしかったら素敵なお庭を見ながらお茶をしましょう。
趣旨:細川家ゆかりの永青文庫。
今回は館所蔵の重要無形文化財「黒き猫」菱田春草(←半澤・鈴木が大好きな画)や大観・清方・古径などの近代日本美術を代表する名品が展示されます。
着物を着て芸術の秋を堪能しつつ味覚の秋も楽しみましょう。
椿山荘では期間限定の秋のデザートがあります。
見学後のお茶タイムのご希望を予めお伝えください。

申し込みは10月25日までに、電話:03-3405-6001にて(担当:鈴木)