御召(おめし)のすべてがわかる!! 大御召展

更新日:2007年10月02日(火)

全国の御召が大集合

とき:10月12日(金)~16日(火)
AM10:30~PM7:00
ところ:青山ゑり華2F ギャラリー「華」
  • 桐生御召〈みさち〉

    経糸に超極細の糸を3,840本使って織り上げた軽くて丈夫なきもの。
    きれいな色使いと楽しい柄が、ここの持ち味です。
    お客様からも軽くて着心地が良く、シワにならないと大好評です。
    価格 134,400円(税込み)~
     

  • 白鷹御召〈小松織物工房〉
    山形県白鷹町で作られる御召が白鷹御召。中でも小松紀夫さんが手がける板締め染めによる御召が有名。
    40枚もの溝をきった板に糸を挟んで染める。
    染めるのも大変ですが、板を彫る技術を持った人が少なく、一時は無くなると言われていました。
    みじん格子:336,000円、板締め:577,500円~
     
  • 塩沢御召〈中田・星野・大丸〉
    新潟県塩沢町は越後縮や小千谷縮の生産地。その織技術を生かした織物が塩沢御召です。
    細かなシボが特徴でしゃりしゃり感があり、単衣に最適な絹織物。
    縞:126,000円、絣:144,900円~
     

  • 御召の師弟対決!ついに勃発!? 西陣御召〈矢代仁・中むら〉
    ゑり華で西陣御召と言えば「矢代仁」が定番。そこに割って入ったのが織司「中むら」。
    代表の中村憲和さん、何と彼は20年前から15年程前まで矢代仁の社員で、ゑり華を担当していたのです。

    生まれも育ちも西陣のど真ん中。
    親も法衣の織職人で、親戚も機屋など皆織に関わる人ばかり。
    いわば西陣の申し子のような人。
    その彼が矢代仁から独立し、紋御召を中心に素晴らしいセンスの御召を作り、世に送り出しています。

    ゑり華でも今までにないスッキリとした柄と絶妙な色の組合せにファンが急増。
    いよいよ本家を脅かす存在になってきました。
    いわば西陣御召の師弟対決『伝統の矢代仁VS御召のニューウェーブ』是非見比べてください。

    【西陣御召の価格帯】
    矢代仁…縞御召 144,900円、絣御召 241,500円~、紋御召 210,000円
    中むら…(1周年記念特別価格)紋御召 189,000円~

新しい御召の作り手 織司「中むら」中村憲和さん来場
新しい感性で西陣織業界に旋風を巻き起こす中村憲和さん。
忙しいのにもかかわらずゑり華に来て下さることになりました。
彼の御召に対する知識は大変な物、是非お話を聞きに来てください。
10月12日・13日14日の3日間

ゑり華 新店舗オープン1周年記念特別限定サービス

期間中から10月末までにお求めいただいた御召の仕立て代
29,400円(税込み)をすべて無料にいたします。

※表地価格100,000万円以上の御召に限ります
※胴裏・八掛・湯通し代(袷仕立て) 居敷当て・衿裏・湯通し代(単衣仕立て)は別途頂きます。
※仕立てはすべて国内手縫いの優秀な和裁士さんによるものです、安心してお任せください。

緊急予告 きものパーティー 開催決定!!

更新日:2007年10月01日(月)

とき:12月16日(日)
午後5時~午後8時
ところ:ホテルフロラシオン青山
会費:8,000円を予定

思い返せば昨年11月17日は新店舗オープンの日。
その日まさにオープンの当日に「オープン記念パーティー」を開催し、160名ものお客様や取引先の方々とささやかですが楽しい一時を過ごしました。

その後もパーティーの話題になる度に、「社長、会費を払うからパーティーを開催して!」「よそ行きのきものを着るチャンスってなかなか無いのよ」「パーティーに着ようと思って買ったけど、パーティーってないのよね」と、多くの方に言われております。
それならばと上記日程にて開催を決定しました。

美味しい食事や飲み物は勿論のこと、楽しいマジックショー、ゲームコーナー、小物問屋さんPRブースなど色々企画中です。
詳しくは電話(03-3405-6001)かメール( )にて。

始まりました!喜如嘉の芭蕉布 平良敏子展

更新日:2007年09月24日(月)

いよいよ始まりました。
一般のオープンに先立って紀子様がご来場なさり会場をご覧になりました。
我々関係者がお出迎えとお見送り。
係の方から諸注意
私語はしない、携帯はマナーモードで通話はしない、撮影は禁止、指示があるまで動かない、などなど。
我々の目の前をすーっと通過するのかと思っていたら、まるで一人一人に挨拶するかのようにゆっくりと丁寧にご挨拶されるのを見て感激しました。
お帰りの時には建物に入れない人が待機していたのですが、そこでも両側の人にご挨拶。
お車にお乗りになるときも、走り出してからもずーっと手を振っておられました。
待ち時間が多かったけど、とても気持ちが温かくなりました。
初日の平良敏子お話しの会は超満員!
先生の声は細く小さめで、マイクもすぐに降ろしてしまうので聞き辛いようです。
お聞きになる方は、くれぐれも私語をせず先生の言葉に集中してください。

喜如嘉の芭蕉布 平良敏子展

更新日:2007年09月23日(日)

本日より9月30日(日)まで、喜如嘉の芭蕉布 平良敏子展が東京・銀座、時事通信ホールで開催されます。
午前9時30分から午後6時30分まで(最終日は午後5時)
期間中の毎日、午後2時より平良敏子のお話の会(苧績み実演)が行われます。
来年米寿を迎える氏のお祝いの会でもあり、平良さんの人柄を知る人たちが大勢訪れることになると思います。
tairatosiko.jpg
tairatosiko2.jpg

笑いながら着物の知識が身につく着物漫談!着物のよもやま話

更新日:2007年09月01日(土)

青山きもの倶楽部からのお知らせ

笑いながら着物の知識が身につく着物漫談! 着物のよもやま話

参加費無料!!
第3回目テーマは『歌舞伎を12倍楽しく見る方法』

第1、2回目の講演会は大好評!
先生のお話を聞きながら、楽しく着物の知識を学べました。
次回のテーマは直接は着物に関係ないけど、和の文化を深めましょう。

とき:9月20日(木)
午後2時開演
ところ:青山ゑり華2Fギャラリー「華」にて
講師:中塚一雄 NPO法人「着物を着る習慣を作る協議会」理事長
主催:青山ゑり華
共催:NPO法人「きものを着る習慣をつくる協議会」

【お願い】
2階のギャラリーでの開催です、希望者多数の場合人数を限らせていただくこともございます。ご了承ください。

申し込みは9月10日(月)までに、電話(03-3405-6001)かFAX(03-3408-4081)かメール( )にてお申し込みください。