商品紹介 結城 奥順製はたおり娘の着物と帯

更新日:2014年10月02日(木)

10月に入って本日が最初の営業日。
私の故郷の遠い親戚の方が来店。
本日長唄の名取り試験に合格し、本日お名前を頂く方がお着物をお召しになってお出掛けになりました。
加賀友禅の訪問着に北村武資さんの経錦袋帯の取り合わせ。
とても美しいお姿です。
ご本人様も加賀友禅がこんなに似合うとは思っても見なかったと、とてもご満足頂きました。

お戻りになって、よほど気をよくされたのでしょう。
来春用の舞台用の訪問着をやはり本加賀友禅でお求め頂きました。
お名前を頂いた記念の日に、ステキな出会いで記念になると仰って頂き、ゑり華にとっても幸先の良い10月となりました。
本当に有り難いことです。

その方のお写真はあるのですが、ブログへの公開の許可を頂かなかったので控えます。

お店に陳列のコーディネートを一つ。
結城の奥順さんの着物と八寸帯。

IMGP6401
ともに「はたおり娘」という奥順さんの自社ブランドの物。
「はたおり娘」は、真綿紬の最高峰の風合いを、より効率化した製織技法でお求め安く、多くの方にお召し頂きたい。そんな思いで作っている奥順オリジナルブランドの結城紬です。

IMGP6403

とくにこの紬、奥順創業100周年記念の作品。
大胆な蜀江柄は現社長のお母様がお召しになっていた物を復元したとお聞きしました。
私は最近の紬が無地感覚になってつまらなくなったと感じています。
このような着物らしく大胆で面白い柄が、もっともっと作られてもいいと思うのですが、どうでしょう。

八寸帯もお求めになった方には軽くて締めやすいと、とても評判が良いです。
秋でも春でも関係なく締められそうですね。

店主 花岡 隆三

 

結城紬着尺(はたおり娘) 
奥順創業100周年記念作品
「黒地蜀江文様」
絹100%
表地価格 320,000円(税別)

 

結城紬八寸帯(はたおり娘)
奥順製
絹100%
表地価格 84,000円(税別)