片貝デニムと首里織ロートン半巾帯

更新日:2015年06月27日(土)

昨日からズーっとパソコンにかじりついております。
ゑり華が毎月お客様に送らせて頂いている「おしゃれ通信」の編集のためです。
ですのでブログの更新に時間が割けない状態です。
本当なら米沢に行った様子をアップしたいところなのですが、後日になります。
気長にお待ちいただけたらと思います。

そこで今日は新顔の紹介です。
(時間が掛けられないから、商品の紹介って可笑しいですね。)

最近お店にこられた方が必ず話題にするのが、こちらの反物。

IMG_8433

ご存じ紺仁さんの「片貝デニム」です。
デニムって、まあ木綿の紋織りですね。
さすが元々きものを織っているだけあって通常見かけるデニム素材のきものよりも軽くてしなやかです。
もちっとした風合いもなかなか良好です。
私自身は洋服生地で作ったデニムのきものは重くて息苦しそうで着る気にはなりませんでしたが、これならいいと思えたので仕入れました。
先日お客様のご紹介でいらした方がこの片貝デニムを持ち込まれたのです。
紺仁さんがデニムを織っているなんて知りませんでした。
さっそく問屋さんに問い合わせたところ、一反だけ手に入れてくれました。

耳が赤耳になっているのが憎いです。
合わせている帯は、いわゆるミンサーの半巾帯。
首里のロートン織のミンサーです。(綿100%)
今まで見たこと無いような色合いだったので、思わず仕入れちゃいました。

IMG_8434

片貝デニムに乗っけたらなかなか面白いコーディネートに。
サクッと大人買い、いかがですか?

着物っていいね!
店主 花岡 隆三

 

片貝デニム
紺仁製 綿100%
価格 28,000円(税別)
ご自宅洗い可能なお仕立代 17,000円(税別)
(水通し・居敷当て正絹・バチ衿OR広衿・国内手縫い)

首里織ロートンミンサー半巾帯
綿100%
価格 24,000円(税別)
お買い求めありがとうございます

この商品に対するお問い合わせは
電 話 03-6427-2720
メール info@erihana.co.jp
青山 ゑり華までお願い致します。

木綿の着物 片貝木綿がドーンと入荷

更新日:2014年05月30日(金)

店頭で夏の小千谷縮に気を取られていたら、片貝木綿が手薄になっていました。
大変申し訳ございませんでした。
昨日ドーンと入荷致しました。

IMGP5624

これ全部片貝木綿です。
お手軽価格の20,000円(税別)。
お仕立代を入れても36,000円(税別)。<衿裏(木綿)居敷当て(正絹)国内手縫い>
木綿の着物は自分で洗えるのがいいですね。
自分で洗える仕様で仕立てると37,000円(税別)<上記に水通し代が加わります>

洗えるといっても洗い方は人によって色々なので、実際に洗う際は自己責任にてお願い致します。
手洗いか、洗濯機ならくるくるザブザブ1,000円(税別)がお勧めです。

着物を始めてお誂えする初心者の方には特にお勧め。
我々ベテランのスタッフが、貴方の寸法をきっちりお計りします。
自分にピッタリサイズの着物を作ってその気持ちよさを味わってください。

店主 花岡 隆三

 

木綿の着物

更新日:2014年01月25日(土)

気張らずさらりと気軽に着こなす


入門用にも、普段着用にもおすすめな木綿の着物。
種類も豊富でお気に入りのものがきっと見つかるはず。

きものといえば価格も大きなネックだと考えている方も多いのでは?
そんな常識を打ち破るのがこの木綿の着物シリーズ。入門着から通好みのふだん着まで気張らずきものを「楽しむ」事が出来るのがオススメ。

自分だけのオートクチュール。
まずは肩を張らずに気軽に楽しんで。

木綿の着物の最大の特徴はなんといっても気軽にきものが楽しめること。片貝木綿ならなんと37,800円(税込み)で、自分にピッタリサイズのきものが仕立てられること。
気になる内容はというと、基本となる着尺(反物)・仕立代・居敷当(お尻の部分のあて布)・地のし代が含まれているので、自分の寸法にあったきものを楽しめるというのが嬉しい。もちろん店内にはきものに合った帯や小物(バッグや帯止めなど)も揃っているから安心。
              これを機会に自分だけのオートクチュールを楽しんでみては?

木綿の着心地の良さをさらに楽しむ、ワンクラス上のシリーズも。

「普段着を極めれば木綿」という訳で、ゑり華の木綿の着物に片貝木綿・綿薩摩・久留米絣・唐棧織・琉球美絣なども揃っています。

片貝木綿で変化球

更新日:2013年11月08日(金)

寒いなぁと思っていたら昨日は立冬でした。
「生きるの大好き冬のはじめが春に似て」という池田澄子さんの句が大好きなお松です。でも寒いのは苦手です。
最近は毎晩お布団の調整に悩んでおります。皆様どうぞお風邪など召されませんように。
さて、普段着物の定番、スリーシーズン着られる万能選手、初めてのお誂えにも最適、といえば木綿です。

ゑり華が主に取り扱っているのは、丈夫な品質と扱いやすさにこだわった片貝木綿です。
片貝といえば、縞や格子がカラフルで「ワンピース感覚で☆」と言われたりするほど。
こんな感じのものが多いです。
IMG_9016-1
うん、どれもポップで定番かわいい!
着付けにまだ自信がなかったり、着物を着る人を珍しく思われる町だったりしても、これからの季節は特にチェックはとけこみますね~
どれも21,000円です。

しかーし。
同じ片貝でもこんな変わりダネ(?)ちゃんもおりますの。
なんと、絞りです!
IMG_9042-1

左は水色に縦の縫い絞りで縞を。でも織りの縞とはもちろん全然違いますよね。
右がちょっと絣のような風合いになった、藍色に横の縫い絞りです。
こちらは色の出方が場所によって違うので、仕立て方で表情が変わります。
片貝絞りは少々お値段あがりまして39,900円。

木綿着物大好きだけど、たまにはちょっと印象の違うものも・・・という方に。
そして、あんまりかわいいとかポップとかではないお手軽木綿がいいんだけど、という方に。
着物好きのお友達と「これも片貝なのよ~」と盛り上がりたい方に。
オススメの片貝絞りがあなたをお待ちしております♪

お松

この商品に対するお問い合わせは
電 話 03-6427-2720
メール info@erihana.co.jp
青山 ゑり華までお願い致します。

*なお、11月10日(日)は臨時休業とさせていただきます。
 皆様にはご不便ご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。

発表 きくちいまオリジナル 加賀古代染浴衣

更新日:2013年04月20日(土)

本日より青山 ゑり華店頭にて、きくちいまオリジナル加賀古代染浴衣を発表致しました。
金沢の小紋師、坂口幸市さんに制作を依頼して実現致しました。
いまさんが柄を選び、いまさんが配色を考えたオリジナル加賀古代染浴衣。
少しずつお見せ致しますね。

IMGP1216

カゴメに牡丹と雨龍。
型紙は約100年前の伊勢型紙を使用しております。
坂口さんのお祖父さんが収集した物を大切に使用しております。
IMGP1224

型紙は中型と呼ばれる大きさで、浴衣用の物。
2枚1組で使用します。
通常は2枚とも白抜きの糊を置いて柄を完成させます。
そこを今回は、1枚は白抜きに、もう1枚は青で染めてとても面白い出来上がりになっています。
IMGP1222

日本工芸会の正会員の先生、坂口幸市さんの手による伊勢型紙を使った手染めの浴衣ときくちいまさんの感性がドッキング。
素晴らしいコラボ作品が完成致しました。
ご覧いただければと思います。

素 材: 綿絽 綿100%
色 柄: 籠目に牡丹と雨龍
価 格: きくちいまオリジナル加賀古代染浴衣は39,900円より

こちらの商品は完売致しました、ありがとうございます。