本加賀友禅訪問着 杉村典重作「彩」

更新日:2015年11月01日(日)

こんばんは。
加賀友禅&お洒落着の店青山 ゑり華の花岡です。

今日は加賀友禅の訪問着のご紹介です。

IMGP8308-1

本加賀友禅訪問着 杉村典重作 「彩」
この地色、気に入っています。
もちろん青山 ゑり華のオリジナルで、柄や地色を決めて杉村さんに制作をお願い致しております。
杉村さんは石川県指定無形文化財 加賀友禅技術保存会会員です。
つまりは加賀友禅の作家さんの中でもトップクラスの作家さんです。
杉村さんにはこちらの柄のように、伸びのあるすっきりした柄をお願いすることが多いです。
お嫁に行く時に持ってゆく「この一枚!」という物ではなく、パーティやレセプションなど結婚式などの訪問着やドレス、というよりもおしゃれなワンピースのような装い、都会的な場を想定して作っています。

IMGP8314-1

こちらは上前の柄です。

IMGP8309-1

こちらは肩の柄。

IMGP8313-1

裾の柄のアップ。

どうですか?
舌っ足らずの解説申し訳ないですが、伝わっていますでしょうか?

IMGP8312-1

杉村さんの落款です。
もちろんこのクラスの作家さんには、良い糸をたっぷり使った手触りの良い最高級の生地を使用しています。
手に触れた瞬間に分かっていただけると思います。

着物っていいね!
店主 花岡 隆三

杉村典重作 本加賀友禅 訪問着
素 材: 絹100% 浜縮緬
柄 名: 「彩」
表地価格:728,000円

この商品に対するお問い合わせは
電 話 03-6427-2720
メール info@erihana.co.jp
青山 ゑり華までお願い致します。

お陰様で良縁に恵まれました。
有難うございます。
青山 ゑり華 花岡 隆三

 

藤井絞製 雪花絞 襦袢

更新日:2015年10月09日(金)

こんばんは。
加賀友禅&お洒落着の店青山 ゑり華の花岡です。

今日ご紹介するのは襦袢です。
いつもの大嘘付き用ではありません。
京都の老舗絞りメーカー、藤井絞さんの雪花絞の襦袢です。

IMGP8249-1

藤井絞さんと言えば有名なのが雪花絞の浴衣ですね。
今のところゑり華では取り扱っていません。
それは雪花絞が嫌いなのではなく、「京都の絞りは絹でしょ!」
単純にそう思っているからです。
この襦袢は当然絹です。だから気に入ったから仕入れました。

IMGP8250

写真ではなかなか伝わらないと思いますが、生地もしっとりして良い風合いです。
アップで見ると畳んだ凹凸が残っています。

IMGP8254-1

価格もちょっと張りますが、結城紬や大島紬などのお洒落着はもちろん訪問着に合わせても美しい、特別な一枚としてお召し頂きたいですね。

藤井絞製 雪花絞襦袢
絹100%
表地価格 78,000円(税別)

この商品に対するお問い合わせは
電 話 03-6427-2720
メール info@erihana.co.jp
青山 ゑり華までお願い致します。

おまけ
では、木綿の絞りは?
そう聞かれたら躊躇なく、「有松!」
そう応える私です。

こちらの雪花絞り襦袢。
良縁に恵まれました。
有難うございます。
青山 ゑり華 花岡 隆三

大城廣四郎工房 絣着尺

更新日:2015年10月04日(日)

こんばんは。
加賀友禅&お洒落着の店青山 ゑり華の花岡です。

この土日は納品のご来店が多い日でした。
秋めいて着物の季節が到来したんでしょうね。
皆さまご予定が有るのでしょうね。
美容院でばっちりセットなさった方もいらっしゃいましたよ。

さて、新入荷のお知らせです。
今日ご紹介するのは琉球絣の着尺です。
(着尺とは、着物に仕立てられる長さ<尺>がある反物を指します)
南風原(はえばる)の大城廣四郎工房で織られた琉球絣。

  IMGP8242-1

もちろん本草木染めで手織りで作られています。
市松取りで区切られた左右で、絣の柄が違っているのはかなりの難度が高いお仕事。
この込み入った絣柄は、絣が得意な南風原、その中でも大城廣四郎工房ならではの作品だと思います。
ちょっと大きく見てみましょう。

IMGP8240-1

手結い(絣をずらして柄出しをする織り方)を使わずにこれほどの柄を括るのは大変です。

IMGP8238-1

さすがにちょっといい値段します。

大城廣四郎工房作
琉球本染かすり 手織り
絹100% 草木染
表地価格 418,000円(税別)

この商品に対するお問い合わせは
電 話 03-6427-2720
メール info@erihana.co.jp
青山 ゑり華までお願い致します。

志田弘子作 加賀友禅 染帯 「ごま菜」

更新日:2015年10月02日(金)

こんばんは。
加賀友禅&お洒落着の店青山 ゑり華の花岡です。

昨夜から大荒れのお天気でしたが皆さま被害はございませんでしたか?
夜寝る寸前までひどい風でしたが、朝起きたらおさまっていたのでたいしたことがないと思っていたら、私がさっさと寝てしまっただけで、眠れなかったスタッフもいました。
若い時は寝付きが悪かったのですが、今はおやすみ3秒と言われています。

さて、本日ご紹介するのは加賀友禅の染帯です。
ゑり華にご来店のお客様は
「加賀友禅の訪問着や留袖はよく見ますが、染帯は初めて見ました」
そう言う方が多いですね。
立派な訪問着や留袖は一枚あればそうは要らない。
だけどお洒落用の染帯なら、何本かお持ち頂けるかも?
そう思ってオリジナルで作っています。
なるべく加賀友禅の作家さんにお仕事を頼みたいという想いもあります。

こちらは、七尾でお仕事をしている志田弘子さんの作品「ごま菜」

IMGP8220-1

ごま菜は、9~10月に茎頂に白色径約1.5センチの頭花を散房状に多数つけるキク科シオン属の植物。
葉っぱがごまに似て、食べられることからそう呼ばれるようになったそうです。

志田さんの下書きを見て、淡い黄緑色の地色に決めました。

IMGP8223-1

実際のお花を見るとまったく別物に見えますが、それがデザインです。
また、その方が季節感がぼかせます。

IMGP6811-1

この繊細な友禅をご覧ください。
志田さんならではの細かさです。

IMGP6816-1

前柄 関東巻きで出る柄

IMGP6813-1

前柄 関西巻きで出る柄

IMGP8228-1

志田弘子作 加賀友禅染帯「ごま菜」
表地価格280,000円(税別)
お仕立上がり参考価格 298,000円(税別)
※お仕立上り価格には帯芯・お仕立代(国内手縫い)を含みます。

この商品に対するお問い合わせは
電 話 03-6427-2720
メール info@erihana.co.jp
青山 ゑり華までお願い致します。

 

連休ですね 303シリーズ人気です

更新日:2015年09月21日(月)

こんばんは。
加賀友禅とおしゃれ着の店 ゑり華の花岡です。

連休の中日。いいお天気でした。
日差しは強く、陽を浴びながら歩くと暑いのですが。
日陰に入ると湿度が低いせいでしょうか、意外に涼しくて秋らしくなってきましたな。

お店にはこの連休を利用して、遠方からのお客様が多くいらっしゃいます。
特に303シリーズを見にいらっしゃる方が多く、コンスタントに売れてちょっとニマッとしております。
今日も近所の神宮前からのお客様が303シリーズをご夫婦でご覧頂き、お求め頂きました。
お客様に、「そうそう、こういう物が欲しかったのよ!」
そう言って頂くと作った甲斐があった!そう思います。

IMGP8203-1
      自宅で洗える普段着の紬 303シリーズ

入門者から上級者まで幅広くお求め頂いています。
反物価格35,000円(税別)
自宅洗いできるお仕立て上がり 53,000円(税別) <居敷当て・裏衿(正絹)国内手縫い>

着物っていいね!
店主 花岡 隆三