帯屋捨松 ベンガル花文

更新日:2014年03月10日(月)

目にまぶしいくらいの黄色の帯。
最近、捨松さんのビビットな色目についつい反応して仕入れてしまう店主です。
今日お目に掛けるこちらの帯も捨松さんの八寸帯。
「ベンガル花文」と名付けられた真綿帯。
親戚の叔母様から頂いた、ちょっと地味な紬にもこれがあれば女っぷり2割アップ間違いなし。
また、待ち合わせの時に100m先からでも見つけて居くれる。
・・・的な使い方が出来ます。
黄色の地色に朱色や紫がとてもマッチしています。
泥染の大島紬に乗っけたところを想像してください。どうです? 楽しくなってきませんか。

 

 IMGP4853

 

IMGP4857

 

IMGP4861

前柄は通しです。
アップで見ると色々な色糸が入っています。
しかも真っ直ぐに渡っていなくて、よじれています。
これが味になるのですね。

 

帯屋捨松製 真綿八寸帯 
柄 名: 「ベンガル花文」
お買い求めありがとうございます。

この商品に対するお問い合わせは

電 話 03-6427-2720
メール info@erihana.co.jp
青山 ゑり華までお願い致します。

帯屋捨松さん フィンランド文八寸帯

更新日:2014年01月24日(金)

こんにちは、花岡です。
良くこのブログをご覧頂いている方は、お気づきかも知れません。
おやっ、このところお松さんが出てこない。
そうなんです。
実はお松さん本業が別にありまして、そちらの方の関係で色々動かなければならないと言うことで、こちらのお仕事をする時間が無くなってしまいました。
私はこの半年余りブログのことはすべて彼女に任せて楽をしていたのでとてもショックです。

しかし時間は非情に流れて行きあっという間に彼女の残した貯金も底をつき、こうやって私が現場復帰したと言うことでございます。再びよろしくお願い致します。

今日ご紹介するのはこの春仕入れたばかりの帯です。
帯屋捨松さんの八寸帯。
どうです、可愛いでしょ。

IMGP8209-1

真綿の糸使いですが、ざっくりとまでいかないなめらかさです。
何って言っても地色がいいです。
これなら大島紬のような濃い地色の物から、ベージュやクリーム色の柔らかい小紋にまで幅広くお締めいただけます。
IMGP8213-1

ちょっと左によってジグザグと伸びて行くお花。
柄名は「フィンランド文」
一目見て気に入ってしまいました。

IMGP8217-1

花びらの色使いもなかなか憎いですよ。
赤い色の上に色々な糸を細く潜らせているのが分かります。

IMGP8219-2

これは前柄。
どうです、ちゃんと別腹になっています。
(お太鼓と前柄が違う柄になっているのを別腹と言います)

  IMGP8219-1

お締め頂くとこんな感じです。
臙脂・グリーン・紺などの帯締めをキリッとしてもいいですね。

 

帯屋捨松謹製 フィンランド文八寸帯
表地価格 113,400円(税込み)
仕立上り参考価格 129,150円(税込み)
※お仕立上り価格には・お仕立代(上かがり・国内手縫い)を含みます。

この商品に対するお問い合わせは
電 話 03-6427-2720
メール info@erihana.co.jp
青山 ゑり華までお願い致します。

来月20日は「歌舞伎の日」

更新日:2014年01月20日(月)

つい先日「今日は半衿の日ですよ~」とお伝えいたしました。
しかし。半衿なら「そうなんだ!」で遊べますが、着物や帯となるとそうはいかない。
お仕立ての日にちがかかります。
という訳で!
今日はちょうど来月の2月20日は「歌舞伎の日」ですよ、でございます。
出雲阿国が江戸城で将軍や諸大名の前で初めて歌舞伎踊りを披露した日、だそうです。

さあ、来月歌舞伎に行くとしたら何着ていきましょう?
まずはこちら。
春は名のみの、な気温ですが新芽はそろそろ準備ができている頃。
IMG_9695
雪の下から春の山菜がのぞいてくるイメージで、藤田織物さんの真綿帯を合わせてみました。
小紋134,400円
帯 399,000円
帯〆 27,300円
帯揚 15,750円 のコーディネートです。

立春は越えたけれどさすがに2月じゃまだそんなに春を前面におすのはちょっと・・・な場合は
admin-ajax (26)
着物も帯もうんと落ち着いた色合いに、だけれど帯に素敵なお花を。
こちらの帯は帯屋捨松さんの唐花リヨン文。
近年言われている「大人かわいい」ってきっとこれだ!という感じの一品。さすが捨松さんですね。
小紋68,250円
帯 123,900円のコーディネートです。

逆に、もう梅も咲くし私は完全なる春で!というお客様にはこちら。
IMG_9701
ピンクの飛び柄の小紋に、これまた丹波屋さんの「トルコ花文」の帯。
帯の色を落ち着かせてかわいすぎないように、そして春の小川のような帯揚を刺し色にまとめてみました。
かわいいと言うより上品です!
実は帯揚には梅模様が。横からうまく見えるかしら?
小紋241,500円
帯 197,400円
帯〆 12,600円
帯揚 17,850円のコーディネートです。

ちなみに2月の歌舞伎座は、菊之助、七之助、染五郎と若手人気役者が揃い踏み!
歌舞伎ではありませんが、国立劇場では22日に舞楽の公演もあります。
もっと歌舞伎ではなくなりますが、京都南座のオペラ「蝶々婦人」も着物で行ったら素敵でしょうねぇ

近くにいい催しがないわ、日にちが合わないわ、という方も、ぜひお友達とお誘い合わせの上着物でお出かけください♪
着物姿の方が歩いていらっしゃるだけで、まわりはうんと華やかな気分になりますから!

お松

この商品に関するお問い合わせは
電 話 03-6427-2720
メール info@erihana.co.jp
青山 ゑり華までお願い致します。

祭の象さんでウキウキ♪

更新日:2013年08月30日(金)

やっとこの帯をご紹介できる日が来ましたー!
わーい!
諸々の事情でなかなかブログに載せることができず、お店で眺めては愛でていた日々よさらば。
象ちゃん、愛してくれるおうちにお嫁にいって幸せになるのよ。よよよ。
いや、気が早いですね。
でもそれくらい、素敵でかわいくてすぐ嫁いでしまいそうな帯なのです。

はい。気持ちとお財布の準備はよろしいでしょうか?
それでは参ります。
人気ブランド・帯屋捨松さんの「祭の象」
ご覧下さいっ!!
IMG_8290-1

よしよしかわいいこだねえ、ナデナデ。もういっそ頬ずりしちゃおうか!?
お祭らしくペイントされた象さんと装飾品。
珍しすぎて手元の「日本の伝統色」に出てこない地色!そして配色とこの遊び心!
社長が言っていました。ふざけた柄ほどしっかり作らないと、オモチャになる。大人には締められない。
うん、これは完全に大人用です。大人が楽しむ為の、とてもいい帯です。

これをつけてシルクドソレイユとか行きたい。甥っ子姪っ子と動物園とか行きたい。
いや…こうもっと、人々の注目の集まる場所に胸をはってばばーんとだな…
とにかく、こんなにかわいい象の帯にはもう二度とまみえる事がないでしょうとまで言いたいくらいです。

関東巻きですと落ち着いた色味の多い前柄に。秋冬はこちらでしょうか。
IMG_8291-1

関西巻きですと明るめの色味が多く。春から夏前に使いたいですね。
IMG_8293-1

これを税込価格252,000円でどーんと!
帯屋捨松さん力作の、私の(違う)かわいいかわいい象ちゃんを、どうぞよろしくお願いいたします。

お松

この商品に対するお問い合わせは
電 話 03-6427-2720
メール info@erihana.co.jp
青山 ゑり華までお願い致します。

帯屋捨松さんの夏帯

更新日:2013年07月30日(火)

夏の決算市、続いておりますよ~

本日のご紹介は、帯屋捨松さんの夏帯。絹100%の八寸帯です。
IMG_8003-1
左はお太鼓柄の「ヴォルガの花」
ヴォルガと言えばロシアの川が思い浮かぶのですが、ロシアの花なのでしょうか。
寒い国ですから、花がたくさん咲く時期も短いのかな。
タイトルから色々想像をめぐらせつつ、でも抽象的な模様なので、全然関係なくお楽しみいただくこともできます。
81,900円が65,520円となっております。

右が六通柄の「ヌーボーつる花文」※こちらの品は完売致しました
夏らしく、新鮮で若々しいつる文様です。
暑い中、背中から勢いをもらえそう!
こちらは126,000円をゑり華特別価格102,900円でご提供していましたが、更に値下げさせていただいて77,175円に!

どちらもこのような透け感で、八寸帯で帯芯が入りませんので涼しく着用していただけます。
IMG_8004-1
淡い地色にいくつも色が入っているので着物に合わせやすい帯です。
ふたつともほんのりかわいらしいので、シックな着物に合わせていただくのもいいかもしれませんね。

捨松さんの帯は人気ですから狙い時です。
この機会をお見逃しなく!!

お松