目的別・用途別 きもの選びの会

青山ゑり華設立10周年記念特別企画
こんな時何を着ればいいの?にお答えします

と き:5/13日(金)〜16日(月)
午前10半〜午後7時 午後6時までにご入場下さい
ところ:青山 ゑり華2F ギャラリー「華」

 

「今度○×△があるんだけど、何を着たらいいのかしら?」
「○×□に誘われたんだけど、そんな時何を着ればいいの?」

我々が相談受けることの中で、最も多い質問の1つです。
そこで、ゑり華の取引先の中でフォーマル物に強い啓明商事の大谷さんと相談し、シーン別にきものを展示してみようよ!と、提案しましたが・・・。
この一見何でもない当たり前のことが、困難を極めたのです。大きな声ではとても言えないことですが、実は・・・。

メーカーは何も考えていない

信じられないかもしれませんが、メーカー自体が何も考えないできものを作っています。たくさん売れる物を作ろうとしているだけです。いつでも、誰にでも、何所にでも着られる物を作ろうとして、結局誰も買わない中途半端なものばかりが出来てしまう。

商品部長になった大谷さん

以前からゑり華の担当でファンも多い啓明商事の大谷さん。彼はまだ若いのに商品部長に大抜擢されました。以前ならともかく今の時代商品部長の責任は大変重い、悩む彼にアドバイスしたのが以下のこと。
「きものを染め出す時、誰に、何所で、どのように着てもらうか決めて染め出してみて。知っている人で色々なタイプの人を想定して、その人がお茶会に行く時に着るきもの、歌舞伎を見に行く時に着るきものなどと想像して、そのイメージで染め出すと良い物が出来ると思うよ」思わぬ人が、まったく違う用途でお求めくださってビックリしたりしますが、でもそれがとても勉強になるんです。
ある日、彼から「あの展示会、そろそろやりましょう」と連絡がついに入りました。

シーンその1 お茶会
基本的には会の趣旨に合わせますが、華美なもの、派手な色柄は避けます。上品で控え目な品格の薫装いを心掛けたいものです。また紋を付けるのが原則、紋は招いてくれた相手の方への敬意を表します。
橋爪染工芸謹製 京友禅訪問着 45万円  
中村勝雲作 濡れ描き友禅附下 45万円
小森織物謹製 引き箔袋帯 58万円    
山口美術織物謹製 袋帯 38万円

シーンその2 パーティ
家族・主催者側は正装が基本。出席者は会の雰囲気に合わせ明るく華やかに。洋装の出席者が多い会は着物姿が浮かない工夫も。古典よりもちょっとモダンなきものを選ぶのも良いですね。夜のホテルなどのパーティはドレス感覚で豪華に装うと良いようです。
白木染匠謹製 京友禅訪問着 48万円   
野蚕糸使用中国刺繍訪問着 58万円
鈴木謹製 西陣唐織袋帯 48万円

シーンその3 結婚式
結婚式への出席は、主賓の方なら一般の招待客よりもちょっと格式のあるものを。親族に見られてしまう黒留袖よりも色留の方がいいでしょう。一般の招待客は色留や訪問着の華やかなものを、柄は吉祥文様・古典柄・草花文様がいいでしょう。
藤理工芸謹製 京友禅色留袖 53万円   
染めの北川謹製 京友禅訪問着 68万円
洛陽織物謹製 西陣袋帯 48万円     
加納幸謹製 西陣引箔袋帯 58万円

シーンその4 お宮参り・七五三
お宮参りは出産の無事を感謝し、子供の成長を願って氏神様にお参りします。祝着を着せた子供を抱えるきものは控え目な小柄模様の訪問着か附下で、吉祥文様ならなお好ましいです。
七五三もやはり子供を引き立てる控え目な色柄を。時期的に11月なのでちょっと深みのある色が秋には合います。
小橋岳作 京縫い附下 48万円      
みやび染匠謹製 京友禅訪問着 68万円
梅垣織物謹製 西陣袋帯 58万円     
山城機業謹製 西陣唐織袋帯 58万円

シーンその5 観劇・コンサート
プライベートなお出掛けには小紋や紬、御召などお出掛けする先に合わせて。
美術館には柄物よりも無地感覚がおすすめ。観劇は歌舞伎座、国立劇場、京都南座などは気を張って少々良いものを。正装が基本のクラシックやオペラのコンサートは訪問着や附下がおすすめです。
井関一男作 摺り友禅訪問着 58万円   
川口織物謹製 本場奄美大島紬 38万円
勝山織物謹製 西陣袋帯 55万円

 

そして、いよいよここからが重要です
上記及び当日会場に陳列する商品は、付いている価格にかかわらずすべて

青山 ゑり華設立10周年記念 特別価格

198,000円均一でご提供

こんなに良いものが、信じられません。東日本大震災支援の浴衣ご提供の方にはさらに感謝
価格190,000円にて
お譲り致します。
(価格はすべて本体価格、消費税が別途かかります)
大丈夫か!? 大谷さん。
当日彼の成果を見てやってください。

招福ゑり華