米沢 美味しい物メモ2

美味しいさくらんぼをお腹いっぱいに食べた我々(お客様2名・諏訪先生・私)4名は東根のさくらんぼ農家の皆さんに別れを告げて、富並に向かいました。
富並と言えばきくちいまさんの住む町。
その町に前回来てすっかりはまったジンギスカン「ひつじ屋」さんがあります。
諏訪先生が一緒と言うことでいまさんも飛び入り参加。
5人の楽しいランチが始まりました。

写真 4
いまさんがジンギスカン奉行を買って出てくれ、すっかり任せっきり。
2回じっくり見たので、次回から私も奉行が出来るかも?

写真 5

全く癖のないお肉は、ジンギスカンに対するイメージがひっくり返るほど美味しい。
感動的ですら有ります。
鍋肌に野菜を敷き詰めて、その上にお肉を乗せて蒸し焼きにするのがひつじ屋流です。
感動的と言えば、ジンギスカンも素晴らしいがここの「いぶりがっこ」がまた美味しい。
聞くと大根も自家製、燻製小屋も燻製にするのもすべて自分たちでやるそうです。

もやし以外の野菜はほとんど自家製。
そのお野菜の美味しいこと。
一度目はお肉のおいしさに目が奪われましたが、二度目の今回はお野菜のおいしさにしみじみとしました。

あーまた行きたい!

その後いまさんのお母様がなさっているお店に。
ここは十割そばのお店。
そばも地元で育てて、お父様が引いて、お母様が毎日その日の分を手打ちしているというこだわりのおそば屋さん。
隣にじゅんさいの沼があって、箱船にのってじゅんさい積みの体験が出来ます。
(京都から来る巨漢の人があの箱船で浮かぶとは考えにくいな)

次回諏訪先生と対戦することが決定!
密かに火花を散らす二人でした。

IMGP5880

IMGP5881

写真はじゅんさいと山菜。
じゅんさい、大ぶりです。
山菜は毎朝いまさんが自宅の周りで摘んでいるそうです。
向かって右はうこぎ、垣根の葉っぱです。
山形県人は垣根を食べる!ってケンミンショーで紹介されたやつです。

店主 花岡 隆三