紫織庵の浴衣が美の壺に

先日京都に行った折、紫織庵さんにお寄りしました。
そこで川崎社長からお聞きしたのですが、7月に「美の壺」に出るそうな。
昨年京都の町家で取材されたばかりなんですが、今度は京の友禅浴衣。

5月にゑり華で開催した京のお襦袢屋さんの「紫織庵」さん。
浴衣が飛ぶように売れましたが、その浴衣を一旦紫織庵に戻しました。
その戻した浴衣と、我々の追加を使って取材が行われたそうです。
ですので、あの浴衣私の注文したものだ!
という方もいらっしゃると思います。

以下川崎社長からいただいた番組概要です。

 

番組概要
「美の壺」は暮らしの中に隠れたさまざまな美を紹介する、新感覚の美術番組です。
普段使いの器から家具、着物、料理、建築に至るまで、衣食住、人の暮らしを彩ってきた美のアイテムを取り上げていきます。
古今東西の美しいものの魅力を、洒落たジャズとともに、贅沢かつ知的に伝えます。日本人ならてはの暮らしの知恵やこだわりは、見る者を豊かな気持ちにしてくれるはずです。
番組ではそれぞれのアイテムの選び方・鑑賞法を、いくつかの「ツボ」に絞ってわかりやすく解説していきます。
目指すは実際に使える「美術の鑑賞マニュアル」。
この番組で紹介したツボを覚えていただけば、これまで敷居の高かった骨董店や美術館でも、ひとかどの「通」として振る舞うことができるかも・・・。

今回テーマに取り上げるのは、「京の浴衣」。浴衣には江戸と京都、それぞれ伝統があります。江戸はさっぱりと「粋」で、「江戸小紋」に代表されるように普段着のような存在。
京都は「雅」で「友禅染」の伝統を受け継いだ「よそ行き」のちょっと特別な浴衣。
京都らしいはんなりとした柄は年齢問わず女性に愛されています。
古典的な一品から現代的のトレンドを取り入れたものまでバリエーションも豊富。
驚くほどに多彩な京の浴衣作家や収集家・愛好家を訪ね、今夏「女っぷり」をあげる美しい着こなしをお伝えします。

案内人  草刈正雄
ナレーション  木村多江
NHK  BSプレミアムで放送

今回の放送日  2014年7月18日(金)午後7時30分〜(予定)
再放送  翌週7月22日(火)午前11時〜
*NHKオンデマンド及び国際放送も予定しています。

IMGP5486

写真はお店で紫織庵展を開催した時の物です。

店主 花岡 隆三