ギックリ腰

こんにちは、今井ひろみです♪
もう12月ですね。毎年の事ながら実感がありません。
今年を振替ってゑり華での出来事として浮かぶのが、ギックリ腰を初体験したことです(^^)v
いつもと変わらず3階で、お昼を食べる前にキリがよいところまでと、立ったまま45度くらい腰を曲げ、
机の上の「仕立て伝票」に記入しようとしたとたん!ペキッ!
こ!こりは、あ!り?もひかひて…えーっ?!イタタタ…(((^^;)
腰を押さえて、そのまま崩れるように膝まづきました。

少し離れた台所にいた、半澤と佐々木がすぐに気づいてくれて、(鈴木は公休日でした)
大丈夫?冷やすんだっけ?どうしよー?と誰も経験がなく、
とりあえず横にと手を貸そうとしてくれるのですが、経験がある人にはお分かりでしょう
「お願い、さわらないでぇー(>_<)」 半澤さんが、たまにに行っている鍼灸師の石垣さんに電話をしてくださり、 「氷で冷やしてって、で、これから往診に来てくださるって」 なんてご親切に、ありがたいことです。 祝日で病院も休みだし、動けない(+_+) 1時間後に治療してもらえる事になり、ほっとして床にゴロンと寝ていると、今度は空腹が私を襲いました…(^o^)お昼がまだでした。 それに気がついた佐々木さんが果物をむいて「あーん(^○^)」はお互い気恥ずかしく、「ここに置いておくね。」 タッパーに食べやすく切った梨にジーン(T_T) 出先から戻られ、床に寝ている私を見て、社長は座布団を持って来てくださったり、「何かしてほしい事はある?」 「ではお言葉に甘えて、スミマセン。 出しっぱなしのソレとアレを片づけていたただけますでしょうか」 なんて言ったのを覚えます。 3時間近くの治療のお陰で、ゆっくりなら歩けるようになり、タクシーで帰る事ができました。 3日後に復帰できたのは石垣さんの丁寧な治療のお陰です。ありがとうございました。 そしてゑり華の温かいチームプレーに深〜く感謝しました(*^^*) あれから1ヵ月半、再発防止に「あしごろも」と同じところで作っている毛糸のパンツを愛用中です。 (素材は綿ですが、こー呼びたくなる形をしています) またこれが暖かく履き心地がすごくいいんです。この話はまたそのうちに。 長くなってすみません、画像はありません。(*^^*) 皆様も年末にかけて、どうぞ御自愛くださいませ。 今井ひろみ