鈴木の家事修業日記1

人生の中で一番「おめでとう」の言葉をみなさまに頂いている鈴木です。
それぞれお言葉を頂くたびに、ほんわりとあたたかい気持ちになります。ありがとうございます。
本当にありがたいです。
先日M・T様に「ぜひとも日記が読みたい!ボン(結城の奥澤さん)の修業日記がなくなりさびしかったから書いてください」と言われました。
奥澤さんほど楽しいことはないと思いますが、自分なりに書いてみます。

せっかくだから、とりあえずの物より、好きなものに囲まれて暮らしたいと思い、ないもの尽くしではじまりました。
まずは机。
始めはパイプ椅子2個とダンボールにピザのチラシをひいてご飯を食べていましたが、さすがに安定が悪く、先日キャンプ用折りたたみ机を買いました。
「机があるとやっぱり落ち着くね」と2人で言いました。
次はテレビの前のソファが欲しいです。
パイプ椅子は長時間座るには辛いです。
ダイニングテーブルも買うつもりです。丸いの。
風水的にケンカしないで済むそうです。

食器も最低限あればということで、まだ煮物椀で食べています。これは実用的には問題なく、慣れてきている自分が怖いです。
お客様のY・T様に「そうよね。一生の中でそういくつもご飯茶碗を持つわけではないから、自分も気に入ったのを使っているわ」とお話し頂いて、そうだなぁと改めて思いました。

ご心配頂いたお料理ですが、何とかなっています。結構楽しいです。
でも時間が足りなくて、思うほどできません。
「無理しないでくれ」と言われ、社長にその話をしたら「こわい顔して家事をしてるくらいなら、ニコニコして手を抜いてる方が良い」
なるほど、と思いました。
多くの方に、長続きの秘訣は「完璧にしないこと」と言って頂きましたが、私は一生懸命やってもほどほどなんですよね・・・
もどかしく生活しています。
みなさまの応援で鈴木は続けることができでいます。

鈴木景子