浴衣支援、新聞で取り上げられました。

 皆様にゑり華のおしゃれ通信などを通してお願いしている、被災地の方の心の支援になればと参加している浴衣支援が、地元新聞の河北新報に取り上げられました。
河北新報写真
東日本着物支援センター金野さん
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/06/20110607t33012.htm 
皆様から寄せられた1枚1枚が被災地の方の癒しになれば嬉しいですね。
今後浴衣は、陸前高田市の第一中で18日午後1時半から、大船渡市のリアスホールで19日午前9時から、それぞれ先着100人に配る。数に余裕があれば気仙沼市での配布も検討しています。
盆踊りは、配った浴衣を実際に着てもらう場として8月16日、陸前高田市などで行う予定です。

現地に集まった枚数をみてもゑり華はダントツの貢献です。
ここまでゑり華は皆様から寄せられた
浴衣  44枚 (内男物2枚)
半巾帯 34本
下駄  11足
を現地に送っています。
そして、皆様から寄せられた現金約35,000円で、小物の問屋さんに儲け無しの格安で下駄を譲ってもらい本日なんと!66足新品の下駄を送りました。

こんな時、いつもわたしは思うんです。
ゑり華のお客さまって素晴らしい!って。
知的障がい者の成人を祝う写真撮影会の時も皆様本当にたくさんの支援を下さいます。
こんな素晴らしい方々に囲まれて商いをさせていただいている我々は幸せ者です。