さようなら夏。こんにちは単衣の季節♪

なんということでしょう・・・次々と北の方から夏休みが終わったという報告が届き始め、8月も残すところあと数日・・・
みなさま。
秋です。
単衣の季節です。
せっせと浴衣の着おさめに励み、お手入れをし、衣替えを・・・の季節です。
あ・つ・い・の・にー!!
(まあ旧暦ではまだまだ7月ですから、薄物でもいいんじゃない、と思わなくもないし着るつもりもありますが)

と、いうことで。
比較的涼しげ~な新入荷商品をご紹介します。
単衣は軽いし、透けないから下着を気にしなくてもいいし、最近は気温がどんどん高くなっていますから5月頃から始まり10月頃まで長く活躍します。
それに、本日ご紹介するのは木綿。
なんてったって「おうちで洗える!」
これ、着物生活者には最高で重要ですよね。

それではまず、すずやかなお色の2枚。
IMG_8182-1
毛皮やセーターが飾られはじめたお店のウィンドウたち・・・正直目にあせもができそうです。
でもこれならさわやか!秋が深まれば秋色の帯や小物を足せばよし、夏前には先取り気分で着ていただけます。

それからワンピース感覚で着られる2枚。
IMG_8186-1
これは季節を問いませんね。ほんのり洋風な格子柄と、ベージュに水色のストライプ。
帯も、シックなものからポップなものまで、色々と遊べそうです♪
使い勝手の良さは大事ですよね。

こちらも同じような1枚。水色の細かい格子です。
IMG_8188-1
秋っぽい色(竹富の草木染ミンサー帯・29,400円)の帯を合わせてみました。
ね?暑くないけど秋コーディネイト、意外と楽しめそうでしょう?

すべて片貝木綿で21,000円です。
伊勢木綿や会津木綿など木綿も色々ありますが、片貝は縦糸に3種類の太さの糸を規則的に並べているので、
表面が凸凹に織りあがり、通気性もよくてさらっとした肌触りになります。
お値段の割りにしっかりしていて、布の復元力が高くちょっと膝などが出ても洗えば元通り!
オススメの生地です。

夏前に誂えてまだ着られていない片貝を下ろす日を心待ちにしているお松でした。