オペラは異空間

都内は雪が降りましたね。
子どもの頃は雪国で育った鈴木です。
真っ白な雪が舞い降りる様子はなんてきれいなんだろうと思います。

寒~い日に、オペラを観に行きました。
洋服は靴が困ります。きれいな靴は寒い!!
そしてほっそり見せるためにはあまり着ぶくれはできない!
その点、着物はいいですよ(笑)体を隠す装いですから。
お腹はぐるぐるに巻いてますし厚着してもわからない(^_^)足はいまや防寒足袋もあります。
だからでしょうか…今回は着物姿の方が多かったです。

オペラという異空間へ入る時にお洒落は大事と私は思います。
日常ではない着物を着て楽しむ。いいです!!
よそゆきの服という言葉が消えかけている今こそ着物でお出かけしませんか。

観たオペラは「ラ・ボエーム」ジャコモ・プッチーニ作。
美しい音楽、空気を震わせ伝わる歌声、華やかな舞台。
歌詞で「恨みっこなしで別れましょうね」なんて言われた日にゃぁ、あの有名な演歌はここからきたのかと思います。
マルチェッロ役のアリス・アルギリスは異国の生まれらしい声の厚みと格好よさがありました。
オペラ!!華やかな世界、万歳!!

都内は雪だとてきめんに交通が乱れて大変ですよね。
みなさま、どうぞお気をつけてお過ごし下さい。

鈴木景子