故宮博物院

今回の研修旅行は「故宮博物院をじっくり見る」が一番の目的です。
大好きな焼き物を堪能してきました。
今回私の一番お気に入りは、定窯のお皿や壺。
白い地肌が艶めかしく、おおらかな更紗や唐草文様が刻まれていて、見ていてとても心が和まされました。
また、汝窯の青の美しさにしびれておりました。
3回目の故宮ですが訪れる度に気に入る物が違うのはその時の自分の心持ちが反映するのでしょうか。
基本的に極彩色の物よりも、職人が可能な限り玉に近づこうとした無地の物が好きなようです。
故宮博物院.jpg