秋物入荷しています

秋の新柄が続々と入荷。
スタッフの半澤さんや奥澤さんに札をつけてもらっています。
今年特に力を入れて仕入れたのが、
お洒落な小紋、九寸名古屋帯、無地感の紬。
店頭の動きを見ていると、
割合あっさりとした小紋と六通の名古屋帯の組合せが動いています。
絣の紬の動きが少々止まって、
軽い感じの小紋が好まれているようです。
紬は真綿たっぷり使いの暖かい風合いのものよりも、
真綿少なめのシャキッとした風合いのもので、無地感覚のものが好まれる傾向です。
小紋もどっしりした鬼シボよりもサラッとした生地が動くし、
これも温暖化の影響でしょうかね?
順次ここでも紹介していきますね。