絹の白生地ってきれい!

緑が濃く、季節が変わろうとしています。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

明日がなんの日か、ご存知ですか?
五月二九日は『ゴ・フ・ク』の日
すっごーくお買得品がありますが・・・。

今回わたしが準備していて感動したのは 『白生地』。
お茶席用の着物特集として社長が用意しました。
白生地メーカーさんから直送された品なので、お値段が安いのもさることながら、何より種類が多いのです!

IMGP5610
夏用では紗、絽。
その中でも紗の織り方が違ったり、絽は3本絽や5・7本と絽の目を変えたものや単衣専用のサラリとした生地もあります。
袷向けで縮緬、変わり織り。
地紋の柄もたくさんあります。
格別に綺麗です。
反物についている名前も言葉が美しく、昔に赤毛のアンを読んでモスリンってオーガンジーってどんな布なんだろうと想像したのを思い出します。

白生地は痛み易いナマモノみたいなものです。
店で常には扱えない品なのでこの機会を逃さず見にいらしてください。
5月29日 30日 31日 6月1日の4日間。
いつもになく木曜初日で日曜までです。

ちなみに白生地はどんな着物になるの?っと言うと。
色無地はもちろんですが、先日は既製品では気に入った色がないからと、紗地で羽織にされた方やお気に入りの色で道行を作った方もいらっしゃいます。
また裄が1尺9寸ある方は、広幅の白生地から着物をお作りになりました。

色が決められないと迷う時はカラーアナリストの我々にご相談ください。

暑いような寒いような、空調が気になるようなという今時期、お体を大切にお過ごしください。

スタッフ 仲手川 景子