発表 きくちいまオリジナル 加賀古代染浴衣

本日より青山 ゑり華店頭にて、きくちいまオリジナル加賀古代染浴衣を発表致しました。
金沢の小紋師、坂口幸市さんに制作を依頼して実現致しました。
いまさんが柄を選び、いまさんが配色を考えたオリジナル加賀古代染浴衣。
少しずつお見せ致しますね。

IMGP1216

カゴメに牡丹と雨龍。
型紙は約100年前の伊勢型紙を使用しております。
坂口さんのお祖父さんが収集した物を大切に使用しております。
IMGP1224

型紙は中型と呼ばれる大きさで、浴衣用の物。
2枚1組で使用します。
通常は2枚とも白抜きの糊を置いて柄を完成させます。
そこを今回は、1枚は白抜きに、もう1枚は青で染めてとても面白い出来上がりになっています。
IMGP1222

日本工芸会の正会員の先生、坂口幸市さんの手による伊勢型紙を使った手染めの浴衣ときくちいまさんの感性がドッキング。
素晴らしいコラボ作品が完成致しました。
ご覧いただければと思います。

素 材: 綿絽 綿100%
色 柄: 籠目に牡丹と雨龍
価 格: きくちいまオリジナル加賀古代染浴衣は39,900円より

こちらの商品は完売致しました、ありがとうございます。