朝の電車で

今朝乗り込んだ電車で、私に背を向けて立った人の首筋に白いものが。
よく見るとサロンパスの剥がした後に縁の所に残る、白い粘着物だったのです。
とても目立つし、みっともないのですが、教えてあげるのもどうかというもの。
ズボンのファスナーが開いていたり、落とし物に気がつかないなら声を掛ける私ですが、何も言わないでいました。
その首筋の白い縁取りを見ながら電車に揺られてる間、色々なことを勝手に考えてしまうのがおかしくて。
この人は独身? 単身赴任? 奥さんはまだ寝ている? 起きてはいるが子供の弁当を一生懸命作っている?
色々考えるのですが、思いつく事って結局心当たりのあることばかりなんですよね!