東京友禅 職粋会

 神楽坂の森戸記念館にて、東京手描友禅の職人有志が作品展示を行うと言うことで見に行ってきました。
第一回目と言うことですが、今後春夏秋冬と季節感を出しながら回を重ねると言うことでした。
こちらの森戸記念館は東京理科大学の別館と言うことで、その一室をお借りして、
着物・帯・染額や小物などが展示されていました。
中の写真は遠慮しましたが、毎年浜松町で開催される染芸展とは比較にならない規模です。

しかし、第一回目と言うこともあるのか、参加する人も少ない。
また、展示されている作品もあまり力が入っていない、まあ手持ちのものを出しました的な感じでした。
これを見てどうかと言われても何ともお応えできないです。
それでも地盤沈下した東京友禅を自分たちで活性化しようという試みは評価出来ると思います。

本当の評価は次回第二回目以降に掛かってくると思います。
見守りたいと思います。
 

kagura

ところで、皆さんは神楽坂と聞いて何を思い浮かべますか?
わたしはこれ、ペコちゃん。

kagura2

不二家飯田橋神楽坂店は日本で唯一ペコちゃん焼を限定販売するケーキ屋さんです。
後でペコちゃん焼を焼いているでしょ。
このペコちゃん焼き、私が大学生の時からあり、歴史あるものなんですよ。
是非神楽坂にお越しの際は食べてみてくださいね。

大学時代はしょっちゅうこの辺で飲んでいた
法政大学OBの 店主花岡でした。