箔置きで、30年眠っていた羽織が付け帯に生まれ変わりました。 大阪府O・M様

「きれいにならないから、お金をかけても無駄」

 っていわれていました。

大阪府茨木市 O・M様にお聞きしました。

羽織から付け帯を作りました

- 大澤様は大阪の在住ですね。ゑり華へはどうして・・・

大嘘付きが便利そうで気になっていて、出張のついでにお店に伺ったのがきっかけです。

- 羽織を帯にしようと思ったきっかけを教えて下さい。

押し入れの中で約30年眠っていた、母の刺繍のきれいな絵羽織を何とかしたかったんです。
通信に羽織を帯に作り直した体験談や、クリニックの時汚れを隠す方法も色々あるって出てたので、これなら何とかなるって思ったんです。

- 30年タンスに眠っていたんですね。

はい、母も一度洗濯やさんに相談したらしいのです。
でも「きれいにならないから、お金をかけても無駄」と言われて。
それでも母は刺繍がきれいなので捨てきれなくて、諦めきれずに押し入れに押し込んでいたのです。
ゑり華さんだと色々出来そうだったから遠方だけど持ち込みました。

落ちないシミは隠してしまいましょう。

- シミを取るのはやはり無理だったので、金の型押しで雲形をシミの上に施しました。

確かに、きれいにはなりませんが、このようにカモフラージュする…というのは、さすがですよね。
シミがすっかり見えなくなりました、本当にありがとうございました。

羽織から付け帯を作りました

白い羽織のところにシミ。
生地も弱いので、ひっぱたり結んだりしない
付け帯がおすすめ。

羽織から付け帯を作りました

付け帯のお太鼓柄・前柄に出す所を決めてお
きます。(この場合は刺繍の良いところ)

羽織から付け帯を作りました

刺繍の雰囲気を損なわず、控え目な金色の箔
を雲形に置いて、シミを隠します。

- 実際にお締めになってどうですか?

はんなりいい感じにしめることが出来たのでは?どうでしょうか?
ちょっと、二部式が初めてでしたので、もたもたしてしまいましたが、なんとか…。(笑)
関西の着方のほうが、なんとなくやんわりして。
小物あわせの色味も、ちょっと江戸の粋な感じと違う…と思われるかも…と思いながら、写真を送らせていただきました。

やっぱり着物っていいですね!

たまたま予約していた京都のお食事も、十分堪能できました。
「素敵ですねぇ。よう、似合てはりますぅ」と、おかみさんも言って下さいました。
かなり 持ち上げて 言って下さっているのはわかっていますが、それでも嬉しい!です。
やっぱり、着物っていいですよね~。

これからは、年末年始、そして子どもの卒業式と着物を着る機会が多そうで、ちょっと楽しみです。

- 当社への今後の期待、要望を教えて下さい。

着物業界は、以前ほど活況ではないかもしれませんが、私自身は、着物をもっと深く知りたい、もっと触れていたいと思います。
ですので、これからも是非よろしくお願いいたします。

羽織から付け帯を作りました

これからお出掛けです、いってきます!