知的障がい者の成人を祝う写真撮影会 2012

こんにちは、雪交じりの寒い日が続きますね。

本日と明日知的障がい者の成人を祝う写真撮影会が行われます。
年末から皆様にお願いした募金が100,605円になりました。
本日お渡しに行ってきました。
ちょうど振袖の女の子が撮影するところでした。
お着替えの最中にも「キレイー」「ありがとう」と明るい声が響いてきます。
お聞きするとダウン症の女の子で、メチャクチャ明るい女の子。
おばあちゃん、ご両親、兄妹と一緒にまず一枚。

家族写真

ダウン症の子は明るい子が多く、キレイな物に対する感覚も鋭いように見受けられます。
多くの子が振袖を着るとテンションが上がるようです。
次に大好きなおばあちゃんと撮ったり、一人で撮ったり、次々にポーズを決めてノリノリでした。
帰るときに一人一人にお礼を言って、投げキッスをしながら帰って行きました。
聞くところによると彼女、ディズニーが大好きなんですって。
あのポーズも投げキッスもディズニーのパレードだったんですね。
本当に可愛かった!

次は自閉症の男の子。
最初はスーツ。
次に黒紋付きを着られました。
いやいや、格好いいです。
本人は人に触られるのが嫌いなんですが、着替え、撮影の時もがんばってくれました。

男の子

今日の流れはこんな感じです。
これを見ながらみんな笑顔で名前を呼びます。

進行表

今年は2日間で20組近くの申し込みがありました。
そのうち女の子が3組と圧倒的に男性が多い年でした。
ダウン症の男女比はそう変わらないようですが、自閉症や発達障害は男性が多いということでした。

今年もたくさんの善意をお渡しすることが出来ました。
ご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。

花岡隆三