新垣幸子さんの帯をもう1本

八重山上布の第一人者、新垣幸子(あらかきさちこ)さんの作品をもう1本ご紹介いたします。

IMGP0708
新垣幸子さんは、幻の織物といわれていた「括り染」による八重山上布を復活させた人です。
当時は括りの八重山上布が行われておらず、捺染の物ばかりでした。
なんとか括りを作りたいと熱く想い、その復興を成し遂げられました。

今回ご紹介いたしますのは、沖縄を代表する琉球藍・福木・揚梅(ヤマモモ)を地に使った帯です。
IMGP0714

お太鼓を大きく八つに分ける縞の中に横絣を長方形にきっちり納めています。
何気ない柄ですが、大変難しい技法です。
絣の間隔が狂うと縞の中に絣が食い込んでしまいます。
新垣さんが最も得意とする柄付けですね。

IMGP0724

どうです、美しいですね!

IMGP0736

 

素 材: 苧麻
染 料: 藍・福木・揚梅など
価 格: 294,000円(税込み)
     お仕立上り参考価格312,900円(税込み)
     現状は未仕立て
     価格は帯芯・手縫い仕立代を含みます。

こちらの商品は完売致しました、ありがとうございます。