与那国 10

立神岩から西に向かう途中で宇良部岳に行くことに。
宇良部岳は与那国島最高峰の山で頂上の高さは231m。麓は世界一大きな蛾のヨナグニサン(アヤミハビル)の生息地となっています。
運が良ければ、野生のヨナグニサンを見ることが出来るかも・・・。
何よりも頂上から島を見渡すと、とても気持ちが良いです。
うっそうとした林を切り開いたような道を車で上ります、反対側から車が来ても絶対に行き違えない、急な坂にエンジンが苦しそうです。
人の体よりも遙かに大きなクバの葉が道にせり出しています。
頂上からの眺めは最高です。観光客は絶対に行かないところ、お勧めです。
下の写真は前回行ったときの物です。季節が違うので少々風景は違います。ススキはもちろん今ありませんでした。
合成パノラマ写真は島の北側、家が多くあるところが祖納です。露出が違ってまだらになっていますが、雰囲気は掴んでいただけると思います。
R0011237.jpg
巨大なクバの葉がせり出す道
R0011238.jpg
無線中継所のアンテナ
DSC00914.jpg
祖納の町並を望む
与那国パノラマ.jpg
島の北側のパノラマ写真