御召(おめし)

おしゃれをもっと楽しくする、ゑり華厳選の旬な商品をご紹介していきます。
お客様の“自分らしさ”を見つけていただけたら…。それが私たちの一番の喜びです。

シボの風合いと肌触りを楽しむ着物

御召(おめし)

ここで御召の豆知識

そもそもなぜ御召というの?

身分が高い人のきものを「お召しもの」と言ったことから、高貴な人々が着用する上等の絹織物を総称して使われたという説と、徳川11代将軍家斉が好んでお召しになったからという説があります。

 

 

その特徴は?

タテ糸・ヨコ糸ともに撚り(より)をかけて糊付けして織り上げます。糊を落とすと撚りが戻り、その時に出来る美しいシボが特徴です。

 

 

 

どんな時に着られるの?

基本的に先染めの御召は、おもにカジュアル向きのお洒落着です。 縞・絣の御召は、休日のお出かけやデート・観劇などに最適です。 無地や細かい柄の御召はパーティーやガーデンウェディングまで着られます。

 

 

御召の種類は?

無地御召・縞御召・絣御召・紋御召・絵貫(えぬき)御召・縫い取り御召・風通(ふうつう)御召などがあります。 それぞれの説明は…。ご来店くださって、見ていただきながらのほうが分かりやすいと思います。絵貫御召以外ならだいたいあると思います。

 

 

御召の産地は?

西陣御召・桐生(きりゅう)御召・塩沢御召・白鷹(しらたか)御召・多摩御召などが現在も織られています。 その中からゑり華では西陣御召・塩沢御召・白鷹御召を常時取り扱っております。

 

 

 

ゑり華は、なぜここまで御召にこだわるのでしょう

その一、何といっても着心地がいい

シボがあるひんやりとした風合いは、湿度が高い日本を快適に過ごすために作られた、素晴らしい知恵の産物です。

その二、気やすくて着崩れしにくい

張りがあって着やすく、シボのために着崩れしにくいので初心者の方にもお勧めです。

その三、場が効く

織の着物の中でも紬ほどくだけません。色柄・風合い・組み合わせによってカジュアルから正装にまでも幅広く着られます。

その四帯合わせが楽しい

ゑり華の御召は、色柄共にスッキリした物を中心に揃えています。無地感覚の物から絣御召まで共通して言えるのは、帯合わ せの自由度が大きいということ。 京都のはんなりとした染帯・織楽浅野さんのようなシンプルな帯・琉球紅型・吉野間道・北村武資さんの経錦などなど、多くのお客様が思い思いの帯を楽しん で、それぞれが素敵です。

ゑり華取り扱いの御召

西陣御召〈矢代仁・中むら〉

ゑり華で西陣御召と言えば「矢代仁」が定番です。創業二九〇年を誇る老舗中の老舗。
長い歴史に培われた高度な技術と品質は、その御召の種類 において他を圧倒しております。
無地御召・縞御召・絣御召・紋御召・絵貫御召・縫取御召・風通御召
たくさん有り過ぎてここの説明は是非矢代仁さんのホームページにおまかせいたします。
矢代仁さんのホームページはこちらからご覧頂けます。http://yashironi.co.jp/syurui/index.html
ゑり華では主に縞御召・絣御召・紋御召をメインにセレクトしております。

定番の西陣御召の矢代仁。そこに割って入ったのが織司「中むら」。
代表の中村憲和さんは、何と以前矢代仁の社員で、ゑり華も担当していたのです。
生まれも育ちも西陣のど真ん中。親も法衣の織職人、親戚も機屋など皆織に関わる人ばかり。いわば西陣の申し子のような人。
その彼が矢代仁から独立し、彼の人脈とセンス活かし紋御召を中心に素晴らしい御召を作り、世に送り出しています。
ゑり華でも今までにないスッキリとした柄と絶妙な色の組合せにファンが急増。本家を脅かす存在になってきました。
いわば西陣御召の師弟対決。
伝統の矢代仁VS御召のニューウェーブ
是非見比べてください。

矢代仁製 上代縞御召…144,900円(税込み)、縞格子紋 御召…210,000円(税込み)、
絣御召…294,000円(税込み)
中むら製…店頭にてお確かめ下さい。

矢代仁製 上代縞御召

 

 

矢代仁製 上代縞御召

緯糸に節のある紡ぎ糸を織り込んで、風合いを出しています。

 

 

 

矢代仁製 紋御召

この紋御召は表が格子、裏が縞。紋織りの特徴を最大限に生かしてます。

 

 

 

矢代仁製 絣御召

絣御召の代表格と言えば矢絣。基本は同じですがずらし方でバリエーションがでます。

 

 
中むら製 紋御召

 

 

中むら製 紋御召

スッキリした地紋を配色で活かす。御召の伝統をきっちり守りながら、新しさを追求します。

 

中むら製 縫取御召

 

 

中むら製 縫取御召

雪月花の地紋に樹下兎を縫取で入れました。1つ上の格までお召しいただけます。

 

中むら製 紋御召(男物)

 

 

中むら製 紋御召(男物)

しっかりとした厚手の生地に縞、地紋で斜め格子を入れました。今までにない男のきもの、お洒落です。

 

 

 

白鷹御召〈小松織物工房・白たか織工房〉

山形県白鷹町で作られる御召が白鷹御召。中でも小松紀夫さんが手がける板締めによる御召が有名。
40枚もの溝をきった板に糸を挟んで染める。染めるのも大変ですが、板を彫る技術を持った人が少なく、一時は無くなると言われていました。

白鷹御召 252,000円〜

白たか織工房製 縞御召

 

 

白たか織工房製 縞御召

こちらの織元はやさしい風合いが特徴。草木染料で染めた色合いもやさしいです。

 

小松織物工房製 板締め御召

 

 

小松織物工房製 板締め御召

板締めによるこそく正しい細かい絣が特徴。写真の反物は括りと板締めを併用した物。

 

 

 

塩沢御召〈中田・星野など〉

新潟県塩沢町は越後縮や小千谷縮の生産地。その織技術を生かした織物が塩沢御召です。
細かなシボが特徴でしゃりしゃり感があり、単衣に最適 な絹織物。

縞 126,000円〜

林宗平織物製 縞ぼかし御召

 

 

林宗平織物製 縞ぼかし御召

 

星野製 縞御召

 

 

星野製 縞御召

 

中むら製 紋御召(男物)

 

 

中田織物製 柄御召