山羊の味

恐る恐る刺身を口に運ぶ。
思ったよりも歯ごたえがある。
特に皮付きの刺身は、グニッとした歯ごたえ。
後から山羊の匂いがほのかに立ち上がってくる。
これなら食べられる。でも喜んで食べたいほどではない。
食べ付けるうちに癖になるのだろうか、この種の匂いの物ははまれば止められなくなるのはよく分かる。
山羊汁を一口頂く。
んっ!
これはまるで鰯のつみれ汁のような味。
こちらはまったく大丈夫。
店の人に聴くと、この店の味は油を少なめにしてあっさり目にしてあるとのこと。
ヘビーユーザーには油を入れると味も匂いも濃厚になるそうです。
店の名前は「ぬちぐすい」
命の薬という意味のお店で、医食同源を表す沖縄の方言です。