渋かわいいが好き。

今回「あ、これ好き。ブログにのせよ♪」と思って撮った写真たちを見ていて気がつきました。
私は「渋かわいい」に弱い。ていうか好き。
渋いだけじゃなくて、そこにかわいさがないとねー。かわいいだけなのも、なんだかねー。

そんな訳で今日も渋かわいいをお届けします!
こちらの越後の小千谷紬。
IMG_8277-1

地色が結構渋めでしょう?
でも、模様がかーなーりーかわいいのですよ!ハート鷲掴まれですよ!ほら!
IMG_8275-1

基本薄黄の模様の部分、水色桃色朱色とカラフルな模様の部分。
かわいい。しかしそれ以上に、細かいっ
絣なのに!
こんなに細かい絣を作るところは、今はもうほとんど残っていません。
なぜかは明快ですよね。細かいということは、それだけ時間も手間もかかるからです。
ちなみにこの細かい絣は横絣(横そ)。
縦絣より難しいです。
縦絣は縦糸を固定してしまえば、あとは無地糸を織っていくだけだけれど、横絣は柄を合わせながら織らないといけないから。
ん?柄を合わせる?

そうなんです。
ここまで細かいと、捺染(この生地の場合は刷り込み捺染)で作らなければなりません。
まさに「反物が出来上がった状態」になるように横糸を置き、それに柄を染める。
そしてそれを巻きなおして、横糸として縦糸の間をくぐらせていき、デザインした通りの柄に織る。
できるのがそんなことが…現場が見たい。
元々捺染は簡略化の為のものですが、ここまで細かくなるとどこが簡略化だって感じです。むしろ繁雑化です。
こういう志のある職人さんを失ってはならないと強く思うのであります!

閑話休題。
渋かわいいのいいところは、年齢を選ばないところだと思います。
まあ、若いのにそんな渋いの着てるの?…あらーよく見たらかわいいじゃないこれ!
やはり年相応の色に落ち着いてきますよね…でも○○さんったら乙女心をいつまでも忘れなくて素敵!
周りから見ても選ばない。
自分も着続けるのにためらいが出ない(飽きたら別ですけど)。

そんな訳でこれからも私は渋かわいいを推して行きたいと思います!
別に私が惚れこんでいる商品だけを紹介しているわけでもないので、そこまで偏っていないとは思いますが、
「たまにはくう~~~~って言うくらい渋いのも見たいのよ」
「とにかくかわいいものが好きだからあったら教えてよ」
などなど、皆様のご要望にもお応えしたいので、リクエストがあったらお伝え下さい♪

お松

この商品に対するお問い合わせは
電 話 03-6427-2720
メール info@erihana.co.jp
青山 ゑり華までお願い致します。