きものクリニック開幕!

更新日:2005年12月16日(金)

お待たせいたしました、ゑり華名物行事「きものクリニックキャンペーン」が、昨日から始まりました。
明日までは、京都老舗悉皆屋(しっかいや)の若旦那が店に缶詰になって、眼光鋭く皆様の大切なお着物を診断します。
当店のスタッフも充分な知識と見立てが出来るのですが、柄を生かした染め替えや、古いシミを隠すための柄足しなど、難しい加工もその場で判断・お見積もりを致します。
25日までの期間中は、丸洗いを半額!その他の加工も2割引で承ります。
昨日早速大勢のお客様でにぎわいました。ホームページを見て初めてご来店された方もいらっしゃいます。怖くてなかなか呉服屋を除くのをためらっていらっしゃる皆様!この機会を利用なさって、我々スタッフと話しをしてみませんか。
是非、お気軽にご来店ください。

お待ちかね!着物クリニック・キャンペーン

更新日:2005年12月05日(月)

とき:12月15日(木)~25日(日)
※期間中の水曜日はお休みいたします

「着物のメンテナンスのことならすべてゑり華にお任せください」

  1. 私どもの経験豊富なスタッフが、適切なお見立てとアドバイスをいたします。
  2. 私どもの職先さんは、非常にクリーンな環境で皆様の大切な着物を扱います。
  3. 私どもの職先さんは、優秀な職人さんが機械に頼らず、一枚一枚丁寧にブラシで洗います。

「期間中の丸洗いが、なんと半額!!」

この時期職人さんの手が比較的空くため、職先の社長に無理を言って特別料金を出していただきました。
通常料金の半額にて承ります。絶対にお得なこのチャンスをお見逃し無く。

「四たび、京都の老舗悉皆屋の若旦那が来店」

すっかりおなじみになった京都の老舗悉皆屋の若旦那が四たび登場!
12月15日(木)・16日(金)・17日(土)の3日間、皆様のご相談に直接お応えいたします。
シミ抜き(どの程度落ちるかしら?どうしたら着られるようになるかしら?いくらぐらい掛かるかしら?)や染め替え・柄足し・刺繍・金箔直しなどの相談にその場で返答いたします。
丸洗い以外の加工はすべて2割引にて承ります。

「洗い張り・染め替えに最適な〈越南仕立て〉」

何回か丸洗いを繰り返した後に、洗い張りをして再仕立てをしたらいいのは分かっているし、八掛を取り替えたり、染め替えをすれば派手になった着物が着られるようになるのは分かってはいても、予算の関係でつい先延ばしにしてしまいますよね。
ゑり華が提携先として選んだ仕立て業者は越南仕立て。
その仕立ての綺麗さと金額で絶対のコストパフォーマンスを私が保証いたします。
今回も洗い張り・染め替えと同時に出していただいた方に2割引で承ります。

出来れば普通に売れて欲しかった! 年末恒例半値八掛大提供!!

更新日:2005年11月28日(月)

一流メーカー・問屋さんの見切り商品(注1)、値落とし商品(注2)による
2005年最後の超特価セール

今年で3回目の半値八掛大提供!お待ちになっていた方もきっと多いはず。
それもそのはず、一流メーカー・問屋さんがこっそりと持ち込む見切り品、値落とし品の数々。
去年ご覧になった方ならお分かりのことと思いますが、間違いなく安い! 
本当に価値ある品物を価値ある価格で提供いたします。

とき:12月8日(木)~12日(月)

半値八掛(はんねはちがけ)とは?!

つまり通常小売価格80,000円の小紋なら、半値の40,000円さらに八掛(2割引)の32,000円てにお求めいただるのです。
ちょっと癖のある柄が売れ残り、持ち込まれることが多いようですが、どうしてこの品物がこんなところに居るの!と叫びたくなるような別嬪さんが結構居るんですよ。
是非、掘り出し物を探しにいらっしゃってくださいませ。お待ちいたしております。

☆半値八掛商品以外にも、赤札品・お買い得品もございます。

注1…見切りを付けるの意で、見捨てる、見放すと同語で、この場合「見限って安く売る」ことを言う。
メーカー・問屋さんが当初は売れると思って作ったり、仕入れたりするが、意に反して売れなかったり、売れたけど1・2点だけ残ったりすることがある。
これらの商品を月末・年末、中間・及び本決算の直前に商品担当者などが、商品をどうしても減らして、身軽になりたい時に放出するケースが多い。

注2…問屋さんが決算時に在庫の商品を見直して、今のままの価格で売るのが、困難と判断した商品の原価を切り下げて、計上することを「値落とし」という。
切り下げたコストは、損金として計上する。
したがって決算後に値落とし商品がでるが、普段から親しくしている得意先に、こっそりと声を掛けて売るケースが多い。

お支払いについてのお願い
本当にお安く提供している関係で、現金若しくは提携信販でのお支払いをお願いしております。
クレジットカードのご使用は赤札商品に限りご遠慮お願いいたします。


ご来場プレゼント!!

ご来場の方全員に、2006年・岡田知子さん原画イラストカレンダーをプレゼント!
充分数はご用意しておりますが万一品切れの際はご容赦ください。

12月の催し

更新日:2005年11月27日(日)

12月8日から12日までの催事「半値八掛大提供」のDMが昨日完成しました。
半値八掛とは、半額にした上にさらに八掛(はちがけ)、つまり2割引にするということです。
つまり問屋さんの希望小売価格が10万円の品物が、半額の5万円、さらに2割引の4万円になってしまうのです。
かなりオーバーな表現だし、そんなことをやって大丈夫?って言うことなのですが、勿論それなりの理由があるのです。
その理由とは、この時期に関係があります。
この11月・12月に決算を向かえる取引先の問屋さんが何社か有り、「見切り」・「値落とし」商品が出てくるのです。
また、3月・4月に発表した秋用新柄の受注漏れや色違い品などが、秋の実需期を過ぎても残っているとやはり「見切り」の対象に入ってきます。
そんな商品を問屋さんに無理を言ってお願いして開催されるのが、「半値八掛大提供」なのです!
当然激安なので少々あくの強い商品や、個性的な物が多くなりますが、びっくりするような掘り出し物が見つかるのがこの会の特徴です。
きっとお好みの一点が格安でお求めいただけることでしょう。
着物は難しいのですが、帯なら年内仕立ても可能です。
DMは月曜日にメール便にて発送となります。
ゑり華、2005年最後の売り出しです。どうか皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。

川端和子 綴れ織展

更新日:2005年11月03日(木)

はがき画像2.jpg
時  平成17年11月4日(金)〜7日(月)
会場 青山ゑり華 
期間中綴れ織りと杢糸作りの実演をご覧いただけます
自分の爪を鋸型に削り、その爪を使って糸を詰めていく。1本織るのに大変な時間を費やされるこの伝統的な織物は、だんだん日本人の手を離れつつあります。
勿論太古の昔より世界中で織られていた訳ですから、安く作れるところで生産するのは非難されるべき事ではないように思います。
しかし、日本人の感性で思いを込めて綴られた素敵な織物に出会えたとき、素直に心が揺さぶられました。問屋さんのお仕事をしない川端さんの綴れが見られるのはゑり華だけです。