着物の染め出し

いまさんと浴衣の染め出しをした次の日。

私は二人の友禅師の先生を訪ねました。

古泉良範さんと高平良隆さん。

青山 ゑり華では定番の作家さんです。

たくさんの写真の中から柄を選んで、変更点を伝え地色を乗っけます。

下の写真は高平さんを訪ねた時のものです。

image

選んだ柄の流れを確認しています。

どのみちこの先生は写真の通りには描いてくれないのですが・・・。

image

何故なら高平さんは、下絵を描かないから。

どんな場合でも白生地に直接糊を乗せる下絵をフリーハンドで描くからなんです。

おおよその柄の流れとモチーフとその花の大きさを決定し地色を決めます。

そこで大切なのは着る方のイメージ。

具体的に着る方を想定します。

幾つくらいのどんな方が、どのような場に着ていくかを明確に思い浮かべて決めて行くことが大切。

もちろんお買い求め頂く方がピッタリとは限らないのですが、そうやって染めたものの方が良い評価を頂くようです。

面白いですね。

店主 花岡隆三