日本橋の問屋さんで仕入

今日は日本橋に出て商品仕入しました。
問屋さんはたいてい月初めに売り出しを行います。
東京は第一月曜・火曜の開催。
京都は曜日にかかわらず一日・二日が昔からの慣例でした。
この3月は一日が日曜日なので西も東も一斉にやっているようですね。
以前は毎月京都に出掛けていましたが、最近はなるべく東京の問屋さんにも出掛けるようにしています。
やはり地元の問屋さんにも頑張ってもらいたいから。
何かあった時にさっと行けるというのは心強いです。
それに品揃えや価格でも頑張ってくれます。
最近取引先の社長が私よりも若くなっていて、応援したくなりますしね。

今日のお目当ては夏物。
特に浴衣や小千谷縮に締める帯を中心に仕入れました。

IMG_7266

栗山工房の麻の染帯を見ています。

IMG_7259

こちらはズラリと並んだ博多の八寸帯。
紗の献上・粗紗の柄物などを物色。
他にも紬担当から夏の男物の出物を購入。
青山 ゑり華の男物はとても数が少ない。なぜなら男性のお客様が少ないから。
なので仕入れる男物は原則自分が着る物を入れています。
フフッ、この夏の楽しみが出来ました。

帰りがけに見たこの看板。

IMG_7268

凄いですね、50万人ですか!
(ゑり華の無料教室はまだ100人を越したところです。)
もし、着物に興味を持って自分で着たい!
って思ったこの50万人の方々が、そのまま着物が大好き!
って思ってくださっているのなら、私はこの看板に御礼を言わなくてはならない。
もしそうではないなら、この業界から早々に退場してもらいたい。
もちろん、そうじゃないことを祈ります。

着物っていいね!
店主 花岡 隆三